染め抜い

全て 動詞
173 の用例 (0.00 秒)
  • もやのなかに、武田家の家紋を染め抜いた幕間が、浮かびあがってくる。 咲村観『上杉謙信天の巻』より引用
  • 蔦屋つたやと染め抜いたほんの包みを、背からおろして、お袖のそばに坐りこんだ。 吉川英治『大岡越前』より引用
  • お文は藍色に竹を白く染め抜いた大模様の浴衣に錆朱さびしゆの細帯を締めていた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 大きなのれんが風に動いていたが、紺地に白く丸に質の字が染め抜いてあった。 松本清張『無宿人別帳』より引用
  • 旗竿の先にひらめく赤地に白くダム反対と染め抜いた大旗に風の抵抗は軽くはない。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 伊三次は丸に「畳」の字を染め抜いた喜八の半纏の背に声を掛けた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 外では、平原を白一色に染め抜いてもなお、雪がまだ降り続けている。 白井信隆『飛剣術士 アグリー 非恋 (電撃hp09)』より引用
  • 紫地の和服に、白い牡丹を染め抜いた帯が、女の美しさを際立たせている。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • その船首には白い地に赤く円を染め抜いた国の旗が、ゆるやかにひるがえっていた。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • 白い部分がまったく残っておらず、まるで茶色の染料で染め抜いたかのようだ。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 萌黄地もえぎじに肉色で大きくつるまるを染め抜いた更紗蒲団さらさぶとんが今も心に残っている。 寺田寅彦『竜舌蘭』より引用
  • 染め抜いてあるシンプルな真実が、奇妙に説得力を失っていた。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • 家康の使番衆は紺地に白く五を染め抜いた旗指物を背にしていた。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 白ちりめんへ桐の葉を写生風に染め抜いてあるのを殆ど素肌に着てゐました。 岡本かの子『縮緬のこころ』より引用
  • 餅、だんごと染め抜いた旗が出ていて、店の内に毛氈もうせんが見える。 藤沢周平『よろずや平四郎活人剣(上)』より引用
  • 女達は日の丸を染め抜いた手拭で姉さんかぶりをして、モンペ姿である。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • ウオードレスに百翼長のマークを染め抜いた整備主任が苦笑いした。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 04 5121小隊 熊本城決戦』より引用
  • 何度も呼ばわると、馬の絵を染め抜いた着物を着た、化粧の濃い中年女性が姿を見せた。 田中啓文『私立伝奇学園高等学校民俗学研究会その1 蓬來洞の研究』より引用
  • 武田家の家紋を染め抜いた幕間が、形を大きくして迫ってくる。 咲村観『上杉謙信地の巻』より引用
  • 窓から入り込んだ夕日が、床の白いタイルを真っ赤に染め抜いていた。 伊達将範『DADDYFACE』より引用
  • 次へ »

染め抜い の使われ方