染め抜いた紫縮緬

3 の用例 (0.00 秒)
  • が、すぐ後の舞踏室では、やはりレエスや花の波が、十六菊を染め抜いた紫縮緬ちりめんの幕の下に、休みない動揺を続けてゐた。 芥川竜之介『舞踏会』より引用
  • が、すぐ後ろの舞踏室では、やはりレエスや花の波が、十六菊を染めいた紫縮緬むらさきちりめんの幕の下に、休みない動揺どうようを続けていた。 芥川龍之介『舞踏会・蜜柑』より引用
  • 皇室の御紋章を染め抜いた紫縮緬ちりめん幔幕まんまくや、爪を張つた蒼竜さうりゆうが身をうねらせてゐる支那の国旗の下には、花瓶々々の菊の花が、或は軽快な銀色を、或は陰欝いんうつな金色を、人波の間にちらつかせてゐた。 芥川竜之介『舞踏会』より引用