染め分け帽

5 の用例 (0.00 秒)
  • 非常に多数の競走馬を所有する馬主に染め分け帽は多く見られる。
  • また、2番目に大きい番号の騎手は前述した4つ分けの染め分け帽を着用する。
  • 勝負服は紅白の染め分け帽、上着は赤地に白袖で、胴には白抜きの逆三角形とHの字が描かれたものを使用していた。
  • それでは見分けが付かない場合もあるため、大きい数字側の馬に騎乗する騎手が染め分け帽と呼ばれる色が2色に分かれた帽子を着用することになっている。
  • 吉田照哉所有の馬3頭が出馬投票の結果同じ8枠に入ったため、騎手は16番が桃色帽、17番が桃と白の四ツ割染め分け帽、18番が桃と白の八ツ割染め分け帽をそれぞれ着用した。