染め分けた糸

3 の用例 (0.00 秒)
  • あらかじめ藍と白に染め分けた糸を用いて製織し、文様を表す。
  • 麻糸などであらかじめ括り、防染して、斑に染め分けた糸で文様を織り出した織物を「絣」と呼ぶが、この技法は時代とともにさらに複雑なものが考案されていった。
  • 絣糸、すなわち、あらかじめ染め分けた糸を使用して織り上げ、文様を表した織物を「絣」と呼ぶが、倉吉では絵画的な柄を織った絵絣や、さらに高度な綾織り、浮き織など様々な組織織も織られるようになった。