染め分け

全て 動詞 名詞
89 の用例 (0.00 秒)
  • 旗は赤地と白地に上下に染め分けられた上に紋章が描かれたものである。
  • 黒髪の一部を焦茶色に、別の一部を白にと、三色に染め分けているのだ。 吉村達也『ワンナイトミステリー2 「カリブの海賊」殺人事件』より引用
  • 筋線維の組織学的な性質はATPaseによる染め分けが有名である。
  • 非常に多数の競走馬を所有する馬主に染め分け帽は多く見られる。
  • 旗: 本郡の旗は青と白に上下に染め分けられている。
  • この倉庫の白い柱組みの一本々々も例外なしに染め分けられていた。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • そして、この時を境として、源平紅白の二世界に地上は染め分けられました。 吉川英治『随筆 新平家』より引用
  • 幟: 長辺に沿って白と赤に染め分けられ、上半分の中央に町の紋章が描かれている。
  • しかも、小さな三角形の連なりが、よりカラフルに染め分けられていた。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • 旗: 長辺に沿って白と赤に染め分けられ、旗竿寄り中央に町の紋章が描かれている。
  • 縮緬ちりめんの白い寝間着が、大柄の染め分けのように赤い色を散らしていた。 松本清張『かげろう絵図(下)』より引用
  • いまかれらの眼前にいる、髪を三色に染め分けた少女が。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ08A 悪霊都市ククル〔上〕』より引用
  • オスは白と黒の染め分けになった独特の羽毛を持ち、顔の裸出と脚の赤が目立つ。
  • その色はだんだん遠く海を染め分けてゆく。 梶井基次郎『海』より引用
  • 離れの障子の際から見上げると、空はあかね色と藍色に染め分けられている。 畠中恵『おまけのこ』より引用
  • それは、伯爵家の色に染め分けた旗であった。 カフカ/谷友幸訳『城(上)』より引用
  • ドライバーは髪を三色に染め分けてサングラスをかけている。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』より引用
  • 恰度ちょうどその白と紅の境いが、額の辺りに落ちているので、お筆の顔は、その二段の色に染め分けられていた。 小栗虫太郎『絶景万国博覧会』より引用
  • 舞台の上の四人は、四人とも黄色と白の半々に染め分けた長い服を着ていて、どれがどれだか見わけがつかず、ただその生地で区別ができるだけだった。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(上)』より引用
  • 顕微鏡観察のために用いられる結合組織染色の大部分は、線維の染め分けを目的としている。
  • 次へ »

染め分け で始まる単語