染め出さ

全て 動詞
36 の用例 (0.00 秒)
  • 薄鼠色うすねずみいろの着物の長くひいたすそにはやはり月見草が美しく染め出されていた。 寺田寅彦『花物語』より引用
  • 黒地くろぢしろく、応援団おうゑんだんのシート一ぱいおほきく「Wダブリユー」とひとされてゐた。 小島政二郎『海燕』より引用
  • その幕に白く丸く染め出されているのは、どうやらからすのかたちらしい。 横溝正史『幽霊座』より引用
  • ほの赤く灯影に染め出された古障子には飲食店と書いてあつた。 若山牧水『木枯紀行』より引用
  • 唐縮緬とうちりめんの袖には咲き乱れた春の花車が染め出されている。 寺田寅彦『枯菊の影』より引用
  • それには雅楽に何の縁故ゆかりもなさそうに見える変なもんが、たてに何行も染め出されていた。 夏目漱石『行人』より引用
  • それには雅楽になんの縁故ゆかりもなさそうに見える変な紋が、たてに何行も染め出されていた。 夏目漱石『行人』より引用
  • 出て来たのは背の低い頑丈そうな男で、半纏の背中に真赤な胡蝶の形が染め出されていた。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • 全く小菊の言葉通り、そこにはおぼろに染め出された湯の街の、ほのかな闇があるばかりでした。 横溝正史『蔵の中・鬼火』より引用
  • 白雲が、さいぜんから気にしていたことの一つは、この若い者の背中に、仮名文字が一列に染め出されている。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 白地に濃い橙色だいだいいろで染め出されたそのデザインは、しかし竹秀のオリジナル・デザインではなかった。 半村良『戦国自衛隊』より引用
  • 門には赤・白・青の三色の幕が張られ、その白布の部分の中央には「NVOC」の紋が染め出されていた。
  • それは、門のなかにはいって行く母の姿を見送ったとき、母がかぶっていたお高祖頭巾の背中に垂れたところに染め出されていた大きな紋であった。 山本禾太郎『抱茗荷の説』より引用
  • 紫の上はこうした衣裳の趣味についても、非常に高度な感覚をもっていて、すぐれた色合いやつやを染め出させるので、源氏はその点でも彼女に感心していた。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • されば午後の縁先なぞに向ひ合つて話をする若い女の白い顔が電灯でんきの光に舞ふ舞姫バレヱのやうに染め出される事がある。 永井荷風『花より雨に』より引用
  • 腰板につけるべき紋所には当国日野の領主蒲生家の紋所左三つ巴が染め出されていた。 海音寺潮五郎『史談と史論(上)』より引用
  • 継ぎはぎな幕の上に半分だけある大きな熨斗のしや、賛江さんえと染め出された字が、十燭の電燈に照らされている。 宮本百合子『街』より引用
  • 金糸で山みち模様を縫い、赤地に白い輪交わちがいが染め出されている。 吉川英治『新書太閤記(六)』より引用
  • はじめのうちは、湯帷子の伝統にのっとって、ゆかたは白無地ときまっていたが、のちにさまざまな模様や柄が染め出されるようになる。 加藤秀俊『一年諸事雑記帳(上) 1月~6月』より引用
  • 紅絹裏もみうらを付けたその着物の表には、桜だか梅だかが一面に染め出されて、ところどころに金糸や銀糸の刺繍ぬいまじっていた。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • 次へ »