染め上げる

全て 動詞
72 の用例 (0.00 秒)
  • 朱色に染め上げられた遠い山の端が、驚きを伴って彼の胸を打った。 菊地秀行『吸血鬼ハンター別巻01 D-昏い夜想曲』より引用
  • 飛びねる返り血を浴びて、クレアの服はに染め上げられていた。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • いや、かつてこの海も岸辺も、赤く染め上げたのは魔法の宝石だった。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第18巻 魔都に誘われた新婚旅行』より引用
  • 中天にかかる巨大な月が、深い森を水底のように青く染め上げている。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • 灰色の中に不気味な赤紫色をたずさえた雲が町中を同じ色に染め上げていた。 塚本晋也『悪夢探偵』より引用
  • 必ずしも西洋式になるとは云はないが、少くとも超国境的生活色に染め上げられつつある。 岸田国士『劇壇暗黒の弁』より引用
  • 傾いた太陽が視界にあるものすべてを赤く染め上げていた。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • 青黒い色彩に染め上げられた、木も草も腐敗しきったような一角であった。 菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』より引用
  • オーロラの光はガラスから注ぎ込まれ、空間を淡い七色に染め上げている。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • 火明かりは、橋の上から作業を見おろしている半十郎と銀次郎の顔も赤く染め上げている。 藤沢周平『秘太刀馬の骨』より引用
  • 東の空を見ると、朝焼けが血のように空を染め上げていた。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • 光は赤色から再び黄色へと変わり、さらにまた再び深紅色に部屋を染め上げる。 むぅ『「未来に向かって」』より引用
  • 見る見るうちに血が胸元を染め上げ、ボトボトと床に滴り落ちるのだ。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • 氷室はたった一言で、世の中を自分の色に染め上げてしまった。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(下)』より引用
  • 赤い陽射しに染め上げられた教室は静まり返っていて、人の気配を感じさせない。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 自然の夜とは違う、完全な黒一色で染め上げられた大空が、頭上に広がっていた。 白瀬修『おと×まほ 第03巻』より引用
  • 薄白い肌を綺麗きれい紅梅色こうばいいろに染め上げ、数秒後には爆発しそうだ。 白瀬修『おと×まほ 第02巻』より引用
  • 彼は賢者の学院で手に入れた賢者けんじゃのローブを黒エルフの血でめ上げていた。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • 数日後、西空を染め上げた夕焼けに顔をむけ、法師は乙女にささやいた。 皆川博子『乱世玉響』より引用
  • この広大な干拓地が降り積もった雪で真っ白に染め上げられた光景を。 重松清『疾走(下)』より引用
  • 次へ »

染め上げる の使われ方