染め上げたよう

3 の用例 (0.00 秒)
  • 保郎の顔も体も、染め上げたように黄色くなっていた。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 茶々は秀吉を見ると、染め上げたように赤くなったが、それがさめたかと思うと、蒼白になり、そのままであった。 海音寺潮五郎『新太閤記(四)』より引用
  • 二、三ばい飲むと、たちまち染め上げたように赤くなった。 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』より引用