染める頃

9 の用例 (0.00 秒)
  • 残照が空を染める頃、兵団は動きを停止して、野営の陣を張った。 咲村観『上杉謙信地の巻』より引用
  • 夕陽が西の空を染める頃、兵団の動きが停止した。 咲村観『上杉謙信地の巻』より引用
  • 夕日が河原を赤く染める頃、柔道部の連中が迎えに来た。 野村美月『文学少女シリーズ09 “文学少女”と恋する挿話集1』より引用
  • 夕暮れの太陽が、室内を染める頃、ようやく仕事を終えた職員は帰り支度をし、またある者は仕事の続きをする前に、腹ごしらえと携帯電話を取る。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第02巻』より引用
  • 夕陽が西の空を染める頃、兵団は、山麓の荒野に降り立った。 咲村観『上杉謙信地の巻』より引用
  • 夕陽が西の空を染める頃、越軍の渡河は終わった。 咲村観『上杉謙信地の巻』より引用
  • 日が昇って、うしろのゴント山の頂を赤く染める頃、船は高くいっぱいに帆を張り、いよいよゴント海を、南西の方角に向かって航行し始めた。 グィン『ゲド戦記1 影との戦い』より引用
  • 曙光が束の空を自く染める頃、空軍の輸送機がフォート・マイヤーを飛び立ち、海岸沿いにニューイングランドに向かった。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • 湖を夕日が染める頃、「それ私たちね」と老女が気づく。

染める頃 の使われ方