染めるとき

5 の用例 (0.00 秒)
  • 朝日がのぼり、世界を新しい黄金色に染めるとき、地表に秋が降りた。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • このぼく一人が、ぼくだけが、一人の女性の死の門から生の門へとたどりつき、再生のあけぼのがその額を微妙に染めるとき、彼女がどんな光に照らされるものであるかを、このぼくだけがはっきり知ったのです。 バルザック/菅野昭正訳『谷間のゆり(上)』より引用
  • 頭はどうにかさかさまにして染めるのでしたが、顔を染めるときはくちばしを水の中に入れるのでしたから、どの鳥もよっぽど苦しいやうでした。 宮沢賢治『林の底』より引用
  • 「ねえ研一、栄養が悪いのかねえ」というのが、鏡台の前で髪を染めるときの、いつものお袋の口癖だった。 樋口有介『八月の舟』より引用
  • ツマグレ即ち鳳仙花ほうせんかの花びらを以て、子供が指をあかく染めるときに、この葉を交えんで色を出すという。 柳田国男『野草雑記・野鳥雑記』より引用