染めるため

20 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女たちは髪を金色に染めるために、ありったけの財を注ぎ込みました。 原田宗典『旅の短篇集 秋冬』より引用
  • トゥクラはまた、ラフィア布を染めるために、他の顔料にも混ぜられる。
  • ナシュア川は製紙工場がその日に紙を染めるために使った色に染まると、多くの住人が言っていた。
  • それから、ゆで卵を赤く染めるために赤い紙を買った。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • 年甲斐もなくおセンチだと思われるのは厭だから、手術のあとで伸びてきた髪が白髪になっていたら、もとと同じ色に染めるための見本だと言って。 ブラウン『天の光はすべて星』より引用
  • 和紙を染めるための草木の採集に来たのだと答えると、晃は興味をそそられたようだった。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 元は羊毛を青く染めるために開発された酸性染料である。
  • 地染めは着物に仕立てたときに縫い合わせた左右両方の生地の色が同じになるように染めるため、熟練した染職人が行うことが多い。
  • パンジーはエディブル・フラワーとして食用にしたり、媒染剤で処理した織物を染めるために使われていたこともある。
  • この樹木の果実はカマラと呼ばれる赤い粉で覆われており、地元では繊維を染めるための染料として使用されたり、緩下剤効果を示すため条虫を駆除するための民間薬としても使用されている。
  • きっかけがあれば誰でもヒト殺しになるという氷室の告白からも、ヒト殺しに手を染めるためにはきっかけが必要だったという告白からも、氷室にとって何かを偽り、自分を守ろうとする意図は乏しかったように思える。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(下)』より引用
  • この香炉は衣類に香をたき染めるために使用したもので、この香炉の周りに伏籠という木の枠を置き、そこに衣類を被せて香を炊き込めていた。
  • また色を赤、緑、黄色に染めるために合成着色料を用いており、ハタ鉱泉では一時はクチナシなどの天然着色料を用いたこともあったが、色が薄いとの不評から、人工着色料に戻したという。
  • 一杯のコップの水を赤く染めるには、一滴のブドウ酒があればじゅうぶんであるように、美人の集まりをすっかり、ある悪感情で染めるためには、彼女たちよりも美しいひとりの女が急に現われるだけでじゅうぶんなのだ。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(上)』より引用
  • ハムを作る部署に所属し、最終工程の、ミンチを染めるための染料を注入する作業を割り当てられていた。 後藤正治『リターンマッチ』より引用
  • サフラニン対比染色はグラム陰性菌を同様に識別するために、全ての細胞を染めるために使われる。
  • 観客席をユニホームと同じ色に染めるために使った青いごみ袋でごみ拾いをしたことをたたえ、日本サポーター代表として駐リオデジャネイロ日本総領事館などを表彰した。
  • その後、絵画的な文様を染めるために文様の輪郭線に細く糊を置き、隣り合う色同士がにじまないように工夫する技法が開発された。
  • したがって、複数の色を染めるためには、布を何度も染液に浸す必要があり、多色の複雑な文様をずれや滲みもなく染める技法は長年謎とされていたが、1970年代になって、インドのアーメダバードで板締め染に使用する板の実物が発見されたことで、夾纈の製法がほぼ解明された。
  • ファンキーでジャップな日本をパンクでマザーファッカーに染めるためにハルキはギャングを作り日本一を目指す。