染める

全て 動詞
1,131 の用例 (0.01 秒)
  • 髪を染めている人の場合は、髪の色に合わせて眉毛を染めることもある。
  • これがすべて記録されれば、海戦史を血で染めることになったであろう。 ドイル/延原謙訳『ドイル傑作集 海賊編』より引用
  • 黒い自動車の運転手は、バック・ミラーを染める炎を満足そうに見ていた。 山田正紀『火神(アグニ)を盗め』より引用
  • 殺人に手を染めれば、僕たちは二人とも小暮と同じになってしまうと。 宮部みゆき『クロスファイア上巻』より引用
  • 髪結いにも行かず自分で刈った髪をまっ赤に染めるとはなんということだ。 筒井康隆『『筒井康隆100円文庫全セット』』より引用
  • 障子を染める朝の光は、清左衛門の長い思案の間に日の色に変っている。 藤沢周平『三屋清左衛門残日録』より引用
  • お金のためにほろぼしたり、わるいことに手をめる結果けっかになったりする。 小野不由美『くらのかみ』より引用
  • いきなり顔に触れられ、おどろいたアウラが小さな悲鳴を上げ、ほおめる。 和田篤志『異世界の聖機師物語』より引用
  • それは新橋一帯を血の海に染めることになるから避けたいと言っているんだよ。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • そういったこともあって、彼がオペレッタに手を染めることはなかった。
  • だのに伝九郎の一党が、一指をさえも染める事が出来ないから奇態です。 佐々木味津三『旗本退屈男』より引用
  • 枝も動かず額を染めるような明るさの下だったが、矢代の気持ちは沈んだ。 横光利一『旅愁』より引用
  • それともう二人は、後にこの病院を真っ赤に染める、彼の妹さんである。 奈須きのこ『DDD HandS』より引用
  • じっとしていると、消えたはずのわだかまりが、黒黒と胸を染めるようでもある。 藤沢周平『日暮れ竹河岸』より引用
  • やがて加藤は「武装闘争」という名のテロ行為に手を染めることになる。
  • イギリスではむしろ、鋲などの装飾をつけ、髪を染めることが多かった。
  • 重苦しい数日の後母はやっと仕事などに手を染めるようになった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 化粧メイクアツプはマスカラで上下の睫毛まつげを染めることだけで、一分とはかからない。 森瑤子『別れの予感』より引用
  • 看護婦は、ぽっと頬を染めると、かすかに会釈して二人の前をはなれた。 小松左京『さよならジュピター』より引用
  • 裏の商売として、非合法の毒薬や贋金作りに手を染める者も少なくない。 千葉暁『アルス・マグナ3 大いなる秘法 碧眼の女神』より引用
  • 次へ »