染めて出陣

5 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は文章報国の志を示すため、白髪を染めて出陣し、文学の戦場で討死する覚悟を固めていた。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • そういう感覚は、半ば冗談ではあったにせよ、懇話会賞に挑戦しようと思う自身の構えを、白髪を染めて出陣した斎藤実盛になぞらえる無邪気さとなって表出される。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • 孟明視率いる秦軍が攻め込んできたが、果敢な襄公は白い喪服を墨で黒く染めて出陣し、淆の地でこれを打ち破った。
  • 木曾義仲きそよしなかとも顔見知りだったが、義仲との合戦で、老いの身をあなどられまいと白髪を染めて出陣、壮烈な討死うちじにをした。 大岡信『名句歌ごよみ〔秋〕』より引用
  • 実盛は最初源氏、のち平家に仕え、木曾義仲きそよしなかとも顔見知りだったが、義仲との合戦で、老いの身をあなどられまいと白髪を染めて出陣、壮烈な討死うちじにをした。 大岡信『名句歌ごよみ〔秋〕』より引用

染めて出陣 の使われ方