染めて俯い

10 の用例 (0.00 秒)
  • 琥珀さんに話を振られた翡翠は、耳まで真っ赤に染めて俯いてしまった。 奈須きのこ『歌月十夜 18 遠野家多妻物語』より引用
  • ちらりと見ると、梓は頬を赤く染めて俯いたまま、もじもじとしていた。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • おしゃれな紙袋を胸に抱きしめるようにして、顔を赤く染めてうつむいている。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第03巻』より引用
  • 咲輝は身体をずらして、頬を赤く染めて俯いている伊央を抱きしめた。 藤村裕香『ヴァニラな花嫁くん』より引用
  • 翡翠ははっと何かに気付いたように目を見開き、それから少し頬を染めて俯いた。 奈須きのこ『歌月十夜 21 胡蝶の夢』より引用
  • ケアルが耳まで赤く染めて俯くと、ピアズは「さて」と言って全員を見回した。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • パイロットという職業柄、男社会における多少下品な言葉遣いにはずいぶん耐性のあるメイベルが、何度かほおを染めてうつむいたほどだ。 水無神知宏『鋼鉄の虹 装甲戦闘猟兵の哀歌』より引用
  • 頬をほのかに染めてうつむくと、今までで最速のタイピングで一気にチャットログを流す。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • 霧島さんがほんのりと頬を赤く染めて俯く。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 3.5』より引用
  • 伸江は耳まで真っ赤に染めてうつむいた。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用