染めてうつむい

13 の用例 (0.00 秒)
  • 疲れたひとみを一瞬キラリとかがやかせると姉はボーッとまぶたを染めてうつむいた。 横溝正史『金田一耕助ファイル01 八つ墓村』より引用
  • 彼女はくわえていたあんぱんを左手で持ち、乙女のようにほおを染めてうつむいた。 群ようこ『無印OL物語』より引用
  • 女のように美しい顔を首筋まで染めてうつむいた。 海音寺潮五郎『天と地と(二)』より引用
  • リリアナも恥ずかしいのか、ほおを赤く染めてうつむいてしまった。 丈月城『カンピオーネ! 04 英雄と王』より引用
  • 一〇年前なら、こんなことを言われれば頬を桜色に染めてうつむいたかもしれないが、二〇代後半の女は、物事を素直に受けとめようとしない。 稲垣美晴『フィンランド語は猫の言葉』より引用
  • 人の容姿を賞めるのにそんな賞め方があるのかと、吟子は吹き出したくなったが、志方は少年のようにほおを染めてうつむいている。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 美禰子もそれに気がついたのか、耳たぶをちょっと染めてうつむいたが、すぐまたきっと顔をあげる。 横溝正史『金田一耕助ファイル04 悪魔が来たりて笛を吹く』より引用
  • 専務室に裕子が呼ばれて、伊沢は彼女のあとを追ったために事件に巻き込まれたのだと知らされたとき、裕子はパッと頬を染めてうつむいた。 半村良『楽園伝説』より引用
  • そう言いかけて、祐子はほおを染めてうつむいた。 赤川次郎『死体は眠らない』より引用
  • と、言いさして玉鬘は、うすくほおを染めてうつむいた。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 察しのいい琥珀さんは、『あー』と小声とともにポンと手を一つ打ち、翡翠も理解したらしく頬を染めてうつむいた。 奈須きのこ『歌月十夜 47 月食』より引用
  • 行儀よくひざを閉じ、ディーノに手を握られ片足を預けた乙女は、恥ずかしそうに頬を薔薇色ばらいろめてうつむいている。 流星香『プラパ・ゼータ 2 天空の魔法陣』より引用
  • 玲子はほおを染めてうつむいた。 高木彬光『姿なき女』より引用