染めている

728 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は実際に事件に手を染めていないのだから反省をする必要はない。 別役実『犯罪症候群』より引用
  • なぜか頬を紅く染めている彼女が顔を俯けてこちらに声をかけてきた。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 傷は完全に開ききり、ぬらりと、包帯だけでなく服さえ血で染めていた。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • あの空の奥から発して来る深い色が二人の面を染めていたのだ。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 雪の白さが、彼らの罪を浄めるかのように刑務所の塀や屋根を染めていた。 寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』より引用
  • 髪をトウモロコシのような色に染めていたが、化粧はしていなかった。 結城昌治『修羅の匂い』より引用
  • 社の内部から、青白い光が洩れ出し、周囲の闇をほの明るく染めていた。 光瀬龍『歌麿さま参る』より引用
  • 右手の指先を押さえた左手の間から鮮血が糸を引き、庭土を染めている。 菊地秀行『トレジャー・ハンター05 エイリアン怪猫伝』より引用
  • 白い飛行服を黒く染めている無数の署名のどこにも自分の名前はない。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その4』より引用
  • 世界を暗く染めていた灰色の空に穴を開け、光は学校の屋上へと突き立った。 白瀬修『おと×まほ 第01巻』より引用
  • 髪は黒々としているが、いささか不自然で、たぶん染めているのだろう。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿07 霧の訪問者』より引用
  • この部隊は物資の横流しなど「ユダヤ的行い」に手を染めていたという。
  • 大会社の取締役よりもいかがわしい商売に手を染めている連中なのである。 野田秀樹『当り屋ケンちゃん』より引用
  • 窓ガラスに反射した陽射しが、道往く入の背をオレンジ色に染めている。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第01巻』より引用
  • 助けてもらったというには、似つかわしくない表情が顔を染めている。 菊地秀行『吸血鬼ハンター14 D-妖兵街道』より引用
  • 僕がようやく現実に復帰したときには、梓は頬を真っ赤に染めていた。 佐竹彬『カクレヒメ 第02巻』より引用
  • あだし野の空を、いつのまにか温い日本の色をした夕焼雲が染めていた。 平岩弓枝『旅路(下)』より引用
  • 肉をき、気道と骨を断った指をめていた血も同様に消え失せている。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス10 コンプレックス・デイズ』より引用
  • そこには、血の跡らしいものが黒ずんで地面を染めているのを見た。 海野十三『少年探偵長』より引用
  • 彼の眼はほの暗い灯で輝き、血は彼の両頬りょうほおに上って、顔を赤く染めていた。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(下)』より引用
  • 次へ »