染めている

728 の用例 (0.00 秒)
  • 女の首がうなだれているのと、血が胸を染めているのを走りながら見た。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • ふいごのように音を立てて息をしながら、白い肌を薔薇色に染めている。 日高剛『白昼の凌辱』より引用
  • おれが八百長に手を染めていると知ったときの連中の顔はお笑いだった。 馳星周『夜光虫』より引用
  • ぼくは長男だし、弟や妹も、ぼくと同じようにゴルフに手を染めていた。 山際淳司『エンドレス・サマー』より引用
  • 茶色っぽい髪をしていたので、髪を染めているものと思われたのである。 田中芳樹『創竜伝 第01巻』より引用
  • 髪は染めているのかも知れないが、肌の色はまだ艶やかさを残している。 平岩弓枝『御宿かわせみ 33 小判商人』より引用
  • 指の間から流れ出て、手を一面に染めている、黒い濃い血の流れだった。 ハメット/村上啓夫訳『デイン家の呪い』より引用
  • ほかの男ならば、たぶん彼女が髪を染めているのに気がつかなかったろう。 クリスティ/深町眞理子訳『クリスティの六個の脳髄』より引用
  • そのはるかなる遠景のなかで、二すじの黒煙が天を染めているのを見た。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 男の頭のあたりから流れ出た血が床を赤く染めているのが認められた。 深谷忠記『長崎・壱岐殺人ライン』より引用
  • 髪を染めている人の場合は、髪の色に合わせて眉毛を染めることもある。
  • 髪は金茶に染めていて縮れさせているし、顔はいわゆる山姥化粧やまんばメイクである。 西風隆介『神の系譜Ⅱ 真なる豹』より引用
  • 既に午後三時を回り、傾きかけた太陽が西の空をあんず色にめている。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • それはわずかに遠い山のいただきや杉のこずえを赤く染めているだけなのだ。 海音寺潮五郎『天と地と(四)』より引用
  • わずかに西南の一角ににじむような日の光が雲を染めているだけである。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • 目撃証言では、犯人の若い男ふたり組は、長髪を銀に染めているらしい。 石田衣良『少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2』より引用
  • ロレンスの頬を張りながら、ホロは怒りに顔を染めているわけではない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅹ』より引用
  • 彼らの何人かは確実に汚職に手を染めていたので、これは簡単だった。
  • 夕方の陽の光は不気味なまでに赤く、大地を残らず血の色に染めていた。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • 地上を青白く染めている月の光で、女や子どもでも夜旅ができそうだった。 笹沢左保『地獄を嗤う日光路』より引用
  • 次へ »