染めた髪

117 の用例 (0.00 秒)
  • 上条に背を向けているため顔は見えないが、紫色に染めた髪が特徴的だ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』より引用
  • いきなりリーダーの娘はその少女の赤く染めた髪をつかんで引っ張った。 赤川次郎『プロメテウスの乙女』より引用
  • あるいは男のひとの中には、あの赤茶に染めた髪がたまらなく好き。 田中澄江『なぜ愛なのか 十三の報告から』より引用
  • その中に、染めた髪に手拭てぬぐいであねさんかぶりして働いている若い女が居た。 城山三郎『勇者は語らず』より引用
  • だが今は、染めた髪は茶に戻り、ほおにたっぷりと肉がついている。 藤田宜永『ダブル・スチール』より引用
  • 赤っぽく染めた髪の間の裂創は、崖の上から見下ろしたぐらいではみえない。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 耕作は、カフェオレ色に染めた髪に手を突っ込んで呆れた声を出した。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 染めた髪の色も、田舎風のほお紅も、どうやら役に立ってはいなかったようだ。 荻原規子『西の善き魔女外伝2 銀の鳥プラチナの鳥』より引用
  • 染めた髪をうしろに束ねた中年の女の人がいる以外、店員も客も見当たらない。 樋口有介『11月そして12月』より引用
  • 茶に染めた髪は、水気を失って一本一本がそそけだっていた。 小川内初枝『緊縛』より引用
  • 赤茶に染めた髪を、高い位置でポニーテールにしている。 近藤史恵『天使はモップを持って』より引用
  • ハイカラに横かぶりにかぶった帽子の下からは、日本人形の染めた髪のように、黒いつやのある髪がみえていた。 ダイン/瀬沼茂樹訳『カナリヤ殺人事件』より引用
  • 金茶に染めた髪をネグリジェのような部屋着の肩にとき流した女が、柱に片手をついて美知子を見おろした。 夏樹静子『死刑台のロープウェイ』より引用
  • 先輩、というひとは、金に染めた髪のこめかみに、めいっぱい剃りを入れていた。 大道珠貴『裸』より引用
  • 五十五歳という年齢は、薄く紫色に染めた髪の、もとの白さをみなければ、想像もつくまい。 赤川次郎『あなた』より引用
  • 年齢は明るく染めた髪と膨らんだ肌のせいで若く感じられるが、四十七、八といったところだろうか。 高橋克彦『即身仏(ミイラ)の殺人』より引用
  • 流れ落ちる明るい色に染めた髪が、梨夏の表情を隠している。 三雲岳斗『レベリオン 第04巻』より引用
  • 朝比奈はカフェオレ色に染めた髪を揺らして、首を左右に振った。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 栗色に染めた髪は肩の少し下あたりまである。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • そろってぐしゃぐしゃの金色に染めた髪と、耳だの鼻だのにピアスをしている。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • 次へ »

染めた髪 の使われ方