染め

全て 動詞 名詞
8,945 の用例 (0.01 秒)
  • 女の首がうなだれているのと、血が胸を染めているのを走りながら見た。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • ここは生命いのちの森か、さは 秀樹ほつぎの枝の葉の色も 神のいきをや染めぬらむ。 石川啄木『あこがれ 石川啄木詩集』より引用
  • ぼくは長男だし、弟や妹も、ぼくと同じようにゴルフに手を染めていた。 山際淳司『エンドレス・サマー』より引用
  • そのはるかなる遠景のなかで、二すじの黒煙が天を染めているのを見た。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 彼女のあらゆる感情とあらゆる行ないは、みなその色に染められていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • あるものは血をもって雪を染め、あるものは深い雪の中に坐りつくした。 島崎藤村『雪の障子』より引用
  • 雲が遠くの海に垂れて、空と水とが同じ色に染めつけられていましたわね。 国枝史郎『レモンの花の咲く丘へ』より引用
  • 既に午後三時を回り、傾きかけた太陽が西の空をあんず色にめている。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • オフイスで仕事をしてゐる女性なども多くは爪を染めてゐないといふ。 吉川英治『折々の記』より引用
  • やがて池を染めながら、なんだかよく分からない物になって浮かんできた。 時雨沢恵一『キノの旅 第01巻』より引用
  • 男の血は槍や鳶口とびぐちや棒やすきくわを染めて、からだは雪に埋められました。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • そしてしだいにその色に染められてることにはみずから気づかなかった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • ローラ・ビットンは興奮に頬を染めて、そのあたりを歩きまわっている。 カー/宇野利泰訳『帽子蒐集狂事件』より引用
  • 髪をトウモロコシのような色に染めていたが、化粧はしていなかった。 結城昌治『修羅の匂い』より引用
  • したがって強く酒精アルコールに染められたかれの四角な顔も見る機会を奪われていた。 夏目漱石『行人』より引用
  • その隅に丸太が立っていて、牛島小学校と染めた旗が附けてありました。 小金井喜美子『鴎外の思い出』より引用
  • そしてまた変に赤く染められた靄は、その星をいっそう大きく見せていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 彼の生涯と性質の全部が一つの色に染められているというのに! ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(3)』より引用
  • このふたりの顔が、青黒く染められたこのひかりのなかで浮かんでいる。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 吾一は染めもの屋にさらしを置くと、その足ですぐ停車場に駆けつけた。 山本有三『路傍の石』より引用
  • 次へ »