架ける

全て 動詞
254 の用例 (0.00 秒)
  • 自分の次の選挙の為に道を作り橋を架け、自分の為に外交方針をたてた。 半村良『夢の底から来た男』より引用
  • 広い改正道路へ出る手前に新しく架けられたコンクリートの橋があった。 宮本百合子『乳房』より引用
  • 高さ百メートルの海の入江に架けた長さ六百メートルの橋を考えて見ろ。 クロポトキン・ピョートル・アレクセーヴィチ『革命の研究』より引用
  • 同年中に全体を撤去し、その後似た形の橋を新たに架ける計画であった。
  • その後交通量が増加したため、現在の橋に架けかえられることになった。
  • 中国の呉の人が架けたと伝えられ、これが橋の名の由来となっている。
  • むろん十兵衛が架けたもので、七人の女はその竹の上を走らされたのだ。 山田風太郎『柳生忍法帖(上)』より引用
  • 大衆科学は専門家の科学的研究と一般大衆の話題の間に橋を架ける。
  • 初代の橋の寿命が限界に近づいていたため、橋を架け直すこととなった。
  • 戦前は電車専用の橋であったが、戦後に現在の併用橋に架け替えられた。
  • ここにこんな低い橋を架けられるとその権利が侵害されるではないか。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • この橋は古くなったり、火事にあったりして何度か架け替えられている。
  • 橋はこの夏の台風で流されたまま、新たに架けようとする者がなかった。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • 魂で見ている世界と、外なる物質世界との間に、橋を架けたかったからだ。 小杉英了『シュタイナー入門』より引用
  • この伝説では、息子の死を悲しむレメクがその死体を木に架けたという。
  • 彼は大きな橋を架けたいと思っていたが、当時のドイツでは不可能であった。
  • 橋の大半は第二次世界大戦で破壊された後架け直されたものである。
  • そうなった暁には黒部川に釣橋の架けられるのも遠いことではあるまい。 木暮理太郎『針木峠の林道 』より引用
  • 蓮池は第一駐車場のすぐそばにある池で、中央に橋が架けられている。
  • これにも、高い橋を架ける案と低い橋を架ける案の二つの案があった。
  • 次へ »