枝葉末節

全て 名詞
84 の例文 (0.00 秒)
  • 否、むしろ取るに足りない枝葉末節とされてきたかもしれない。 ...
  • 善行の下でなら、枝葉末節は無視して堂々と論を展開するのが最良だ。 ...
  • 彼女が言っているのは枝葉末節しようまっせつのことにしか思えない。
  • 今まで返還されてきたのは、米軍の枝葉末節にあたる部分でしかなかったからだ。 ...
  • しかしこういったことはみな、事の本質とはかけ離れた枝葉末節だという気がした。 ...
  • 彼が、枝葉末節の点ででも、敗北を認める男だと思うのか。 ...
  • ほんらいそれは西洋の恋愛のなかでは枝葉末節であったにもかかわらず、中国の人たちにとっては非常に魅力的な理想像となったのである。 ...
  • 僕は自分が枝葉末節のことばかりに頭をつかっていて、肝心なことを何も考えていないような気になったりした。 ...
  • 私はことの順序を少しばかり間違えたような気がしたが、これは枝葉末節しようまつせつのことであった。 ...
  • それを、単なるシミュレーションの枝葉末節などと割り切ることは俺にはできない。 ...
  • そしてよく高齢の人が何か古い昔のことを思い出すときのように、事の枝葉末節に至るまで細々こまごまと思い出したのであった。 ...
  • いや、時に枝葉末節のことを解説しているけれども、誰も心を教えないから、単にその場限りのこと。
  • 彼はこんな枝葉末節からかゝってはいけない。 ...
  • 歴の死が他殺であったか、ただの事故か、などということは敢えていえば枝葉末節にすぎない。 ...
  • 彼が考えていたのは大筋で、自分ですべてに確信・・・・・・がもてるようになるまで、枝葉末節はのばしておいた。 ...
  • このように横になったまま、卿はこの新たな、そして奥方の失踪に比べれば枝葉末節ともいうべき驚きなどは、すっかり忘れてしまったような様子でいるところへ、老婦人が息子を連れて戻って来る。 ...
  • 他の節の、それも明言されていない枝葉末節まで注意を払うことを参加者に要求するのは、ウィキペディアで通常要求される範囲を超えていると思います。 ...
  • 次へ