果然

全て 副詞
291 の例文 (0.00 秒)
  • そして、これはまあ、どうしたことか、彼の指摘した五本中、三本が果然ついえたのである。 ...
  • 果然、この目付であった伯父の眼は、容易にくらませるものではなかったのだ。
  • 果然、なにごとかくふうがついたとみえて、その夜のかれこれもう二更すぎたころでした。
  • 果然日米の決戦は、まさしく科学と精神の戦たるの相貌を呈し来れり。 ...
  • 果然古来のディレツタントは多少の学者であると共に、多少の芸術家であるのを常としてゐた。 ...
  • そして、みんなが怯えながら待っている間に、その終局は果然、やってきた。 ...
  • 果然、それは、俳優としての、羨むべき、ひとつの大きな魅力です。 ...
  • 果然彼は猿から進化した恒久の人間にあらずして、一時人間に化けた鼠だかも知れないのである。 ...
  • 果然お君さんはほとんど徹夜をして、浪子夫人なみこふじんに与うべき慰問の手紙を作ったのであった。 ...
  • それを昼前見にいったのもかん八で、果然、そこに一枚の木の葉が針でとめてあったというのだ。 ...
  • 果然かぜん、マニラ飛行第四聯隊の目標は、帝都の空にあったのだった。 ...
  • 例えば、決定経は決して読誦されぬし、大果経はその名のごとく果然癈されてしまった。 ...
  • 果然、時代はこの山中の老学者の夢をよろこばせてきた。 ...
  • 発作が起こりはしないかと気遣っていたが、果然、まもなくその徴候があらわれた。 ...
  • 呂布が逃げたので、一時はさんざんなていだった味方は、果然、意気を改めた。 ...
  • 果然、そのことは彼も知っているのだ。
  • 果然二月十三日の晩フランセエズ座の見物席に腰を掛けて居たマス君のうしろから肩を軽く叩いた一にんの男がある。 ...
  • すなわち君がいま胎内に宿している胎児は、果然真一真二のような両頭児なのだよ。 ...
  • それは天意といえばいわれるほどの地位から、偶然に落下して来たのも、偶然といえば偶然、果然といえば果然かも知れません。 ...
  • 次へ