果然

全て 副詞
291 の例文 (0.00 秒)
  • 彼がこの言をなしてから日ならずして、孔明の軍は果然移動を開始した。 ...
  • 第七室に入ると、果然そこには大仕掛けな動力機械が林のように並んでいた。 ...
  • 果然雨天順延となつて私の旅行日程にもまた一日の狂ひが生じて来た。 ...
  • 果然、彼らがその鈴の音をきいたのは高札こうさつ場のある桜町のつじであった。 ...
  • 拡げて調べてみると、果然活字の上に、赤鉛筆で方々に丸がつけてある。 ...
  • 三成は久し振りに城内の敷地にある竜譚寺りゅうたんじの茶室果然室かねんしつで茶を立てていた。 ...
  • という想像をめぐらしたのが、果然あたっていたという感慨かんがいあってのことであろう。 ...
  • 声を掛けようかと思ったが鳥を驚かしてはならぬと思うて控えていると果然しぎは立った。 ...
  • そして果然かぜんその下から生色を失った一つの顔が出て来た。 ...
  • 京馬自身も半信半疑であったが、果然、一羽は策に乗ったのである。 ...
  • 果然はたして夫の病気はたたみの目一つずつ漸々快方に向って、九年の後死んだ。 ...
  • 見給え諸君、ここに至って彼は果然四十八年以前より禿げていたのである。 ...
  • 果然、彼がその手中に落ちた敵の正体はバルスームの巨大な白猿はくえんの集団であった。 ...
  • そしてまた、果然この結果になったのを、果然、と判断していいか、どうか。
  • ところが、ご番所へ行ってみると、果然伝六の言が的中いたしました。 ...
  • 果然そのうち有金残らずかきさらい、どこかの男と雲がくれしてしまった。 ...
  • 気がついて、自分を探ってみると、果然、大器斎のものは一個になっていた! ...
  • 次へ