松坂大輔

170 の用例 (0.00 秒)
  • また、プロ野球選手の松坂大輔との横浜高等学校での話などが書かれている。
  • 松坂大輔のように、出場した選手側からも組み合わせを批判する声が上がった。
  • 当時、松坂大輔が活躍した横浜高校のほとんどの試合レポーターを務めた。
  • 代表に選ばれた松坂大輔は一緒にやりたかったと語っている。
  • アテネオリンピック準決勝で松坂大輔から決勝打を放った選手でもある。
  • これらの活躍が認められ、チームとしてはの松坂大輔以来となる新人王を受賞した。
  • 対日本戦では松坂大輔からヒットを放っている。
  • 高校時代は日大藤沢高に在学し、横浜高の松坂大輔と度々投げあいを演じた。
  • 入学時から松坂大輔二世と呼ばれていた。
  • 松坂大輔とは調整法を巡って衝突することもあったが、次第に信頼関係を構築し、最終的には良き理解者となっていた。
  • 松坂大輔が登場した時期もあったが松坂の駐車違反揉み消し事件によって放送されなくなった。
  • キャンプ中に打撃練習で打撃投手として登板した松坂大輔と対戦したときには日本のメディアのインタビューも受けている。
  • プロ野球選手の涌井秀章は横浜高校野球部時代の同僚、松坂大輔は先輩にあたる。
  • 若手時代、松坂大輔を得意としており、松坂キラーと呼ばれていた。
  • とはいえボール球は全て打つわけではなく、プロに入ってからも松坂大輔のきわどいボール球を見逃したこともある。
  • イチローばかりではなく野茂英雄・松坂大輔など全国級のスーパースターがデビューしたのもこの頃である。
  • 野球人生のスタートは、小学3年生時に、後に出身高校の先輩となる松坂大輔の投球に衝撃を受けた事と後に語っている。
  • 故障を押して出場した日本シリーズでは松坂大輔から本塁打を放つなど巨人の日本一に貢献した。
  • は沖縄水産の主力投手として第70回選抜高等学校野球大会・第80回全国高等学校野球選手権大会出場を果たし松坂大輔と共に注目を集めた。
  • 同年のAAAアジア野球選手権大会に日本代表として出場し、松坂大輔らを擁した1998年大会以来となる優勝に貢献した。
  • 次へ »