松博文

11 の用例 (0.00 秒)
  • その姿を見続けてきた大松博文監督は「必ずモノになる」と確信したと述懐している。
  • ここまで大松博文監督が指揮を行った。
  • この背景には、1964年に行われた東京オリンピックにおいてバレーボール全日本女子を優勝に導いた大松博文の影響があるとされている。
  • 本格的にチームを強化するために東京五輪の日本代表監督を務めた大松博文を招き、1965年4月から1ヶ月間指導を受けた。
  • 精神に訴えかける言葉自体は第二次世界大戦後に非科学的として敬遠されていたが、1964年に行われた東京オリンピックにおいてバレーボール全日本女子を率いた大松博文やレスリング日本代表を率いた八田一朗が精神論を前面に出した厳格な練習方法を導入して成果を挙げた。
  • 東京五輪の大松博文監督のスパルタ式とは異なる理詰めの戦略、相手チームの徹底研究などで知将と呼ばれた。
  • 高校時代は全く無名の選手だったが日紡東京で頭角を現し、貝塚チームの大松博文に認められ、貝塚チームに移籍する。
  • 翌1954年に大日本紡績代表女子バレーボールチーム『日紡貝塚』が結成され、監督に大松博文が就任した。
  • ヤクルト本社藤沢工場にあった体育館の入口には大松博文の「為せば成る」という言葉の額が飾り付けてあった。
  • 大松 博文は、1964年東京オリンピックでのバレーボール全日本女子チーム監督、元参議院議員である。
  • 監督には元泉州高校監督だった小田正道、技術顧問としてかつて東京オリンピックで日本代表の監督を務めた大松博文を招聘し、部員9名でスタートしたが、大松は同年心筋梗塞により急逝した。