東奔西走する

20 の用例 (0.00 秒)
  • その費用を調達のために俺は白真剣しらしんけんになって東奔西走したものだ。 夢野久作『近世快人伝』より引用
  • この一年、マーテルに言われて大陸じゅうを東奔西走してたからな。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • 奥山治は、自らの白書に従って東奔西走し粛々と公約を実現させてきた。
  • むろん彼はあれ以来相川界隈を血まなこで東奔西走していたのである。 山田風太郎『銀河忍法帖』より引用
  • また他府県の同様の審査会でも審査員として招かれ、東奔西走している。
  • 経費なんかはどうでもなれという気になって、東奔西走しているうちに妙なものだね。 夢野久作『爆弾太平記』より引用
  • 幕末の彼の動きを見ると、東奔西走して、若々しい活動ぶりを示している。 豊田穣『革命家・北一輝』より引用
  • また、研修などの会場探しにも東奔西走しなければならなかった。
  • 東奔西走とうほんせいそうしていた俺たちの苦労が、おまえにわかってたまるか。 井上祐美子『五王戦国志7 暁闇篇』より引用
  • 仕事に油の乗った盛りであり、いそがしく東奔西走した時代である。 稲垣史生『考証[大奥]』より引用
  • 裏実行委員会が身をけずるような思いで東奔西走とうほんせいそうし、ここまでこぎつけた企画でもある。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 06』より引用
  • 椎名さんの命をうけて、助っ人諸君が東奔西走している矢先のことである。 群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』より引用
  • 中沢は結核の予防に東奔西走していた時代から保健婦を続けている。 牧野修『スイート・リトル・ベイビー』より引用
  • その金を返すために東奔西走したのならともかく、今の今まで、すっぱりと忘れていたのだ。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 相も変らず機動軍団を率い、危殆にひんした味方戦線の補綴ほていに東奔西走している。 池宮彰一郎『本能寺(上)』より引用
  • このように東奔西走する龍馬をみていると、彼自身は西郷や桂のような政治家・軍人とひと味ちがっていたことがわかる。 小堺昭三『男の切れ味(上)』より引用
  • カポディストリアスはギリシャ独立のために可能な限り広い領土の確保、列強からの資金確保を行い、ギリシャを可能な限り良い条件で独立させるよう、元ロシア外交官としての国際的経験と才能を用いて東奔西走した。
  • その為に、女々さんは東奔西走とうほんせいそうしていたのかも。 入間人間『電波女と青春男 第02巻』より引用
  • 堺屋殿の計画で、私なども、ずいぶん東奔西走しましたな。 辻邦生『天草の雅歌』より引用
  • 十二月二十六日という日に運命を感じたのであろう、長兄はまだ諦めずに狸界を東奔西走して根回しをしていた。 森見登美彦『有頂天家族』より引用