来れる

全て 動詞
268 の用例 (0.00 秒)
  • ぼくもお嬢さまもたぶん今日は戻って来れないから、また明日の朝だね。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 03』より引用
  • しかし空軍主力の時代が来れば初めて海も持久戦争の原因とはならない。 石原莞爾『戦争史大観』より引用
  • 本気になった翼の足には到底付いて来れず距離が離れるばかりであった。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • ここまで来れば、ふたりの関係が元に戻るのは時間の問題と言えるだろう。 山本弘/友野詳/高井信『妖魔夜行 深紅の闇』より引用
  • ねずみや猫ならともかく、大きな人間が出て来れば見えないことなんかない。 泡坂妻夫『喜劇悲奇劇』より引用
  • 何とか先きに手紙でも来れや、職業くちの方だツて見付けるに都合がいいんだ。 石川啄木『漂泊』より引用
  • そうしてわしにいてさえ来れば、お前もどんなことでも出来るのだよ。 国枝史郎『仇討姉妹笠』より引用
  • シリウスから返事が来ればきっと不安は和らぐだろうと信じていたのに。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』より引用
  • ここに行こうと考えた自分も困り者だが、来れてしまうのも困りものだ。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • 今からオフ会を開くぞって言ってもみんな来れるとは限らないと思います。 宮谷シュンジ『絶望の世界 1光と影の世界 ~僕の日記・迷走編~』より引用
  • それに、ともかくタクシーに乗ったから、ここへ早く来れたじゃないか。 ラヴクラフト全集4『06 「ピックマンのモデル」』より引用
  • 朝までやるような漫画の仕事によく来れるなあと不思議ではあった。 内田春菊『私の部屋に水がある理由』より引用
  • あいつがいかに大胆なやつでも、正面切ってうちへ来れるもんじゃない。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 私の家から大学まで一キロだから、這って来ても五時間かかれば来れる。 永井隆『ロザリオの鎖』より引用
  • もし本当に手足がなかったとすれば日本にだって来れないではないか。 玄侑宗久『禅的生活』より引用
  • もし外部から邪魔が来れば、そのときは五分間でおれが片附けてしまう。 海野十三『すり替え怪画』より引用
  • 最近は日本からの観光客も多いようですが、ここはバスが入って来れません。 林真理子『短篇集 少々官能的に』より引用
  • もしここへ車が来れば、男の体を踏んでしまうのはまず確実であろう。 半村良『楽園伝説』より引用
  • それまでは内心かなりハラハラしていたが、ここまで来ればもう安心だ。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • もしその記憶が返って来れば、僕はすべてをもっとよく理解するのだろうが。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • 次へ »