来た千鶴子

9 の用例 (0.00 秒)
  • 彼の後から廊下を随いて来た千鶴子にエレベーターの口で彼は手をさし出した。 横光利一『旅愁』より引用
  • またアメリカから廻って来た千鶴子の手紙も、別れの際の表情を裏切っているものでもなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 三浦家へ入った泥棒は帰って来た千鶴子に発見されて逃げ出す。
  • 疑う様子を露わには出さずとも、積極的に押し出て来た千鶴子の強さには、何ごとか自分自身の内部の変化や覚悟をも彼に知らせたいようだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • と傍へよって来た千鶴子や真紀子たちは、久慈や塩野を気遣う風に云って横から覗いた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 胸に押しつけて来る父の骨箱を受けとめてくれているものが、懐中に隠して来た千鶴子の手紙だということも、今は彼には偶然な戯れごととは思えず、悲しさとはまた別に、自然に洩れ出たひと言の心からの礼でもあった。 横光利一『旅愁』より引用
  • と矢代は光琳のあやめ図の前で、傍へ来た千鶴子に云って、モネーの睡蓮の図と思い較べた。 横光利一『旅愁』より引用
  • それにしても、この塩野や由吉らの、日本人放れのした交友たちの間に浸って来た千鶴子が、矢代に近づいていた不似合なパリでの一時期の交遊期を、今さら彼は訝しく奇特なことだと思わざるを得なかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • パリで別れてから、大西洋へ出て、アメリカを廻って来た千鶴子の持ち込んで来るものが、まだ見ぬ潮風の吹き靡いて来るような新鮮な幻影を立て、広重の描いた目黒富士の直立した杉の静けさも、自分の持つ歴史に一閃光を当てられるような身構えに見えるのだった。 横光利一『旅愁』より引用