束ねること

37 の用例 (0.00 秒)
  • なお、部隊や時期によってはこれら各分科や機種を束ねることもあった。
  • 普段は下ろしているが、道場などではやや上のほうで束ねることも。
  • 三本の尾には多数のトゲがあり、これを束ねることで敵を貫く攻撃法もある。
  • 地域研究に関わる多様な素材や情報を束ねることにより地域研究を設計する。
  • もはや髪を束ねることもできないのを知った時に、周囲の者すべてを憎みはじめた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • そこで忠明が代わって加納の兵力を含む美濃諸将を束ねることになった。
  • 製品の製造単位に生産活動に必要な仕事を「製番」と呼ぶ管理番号で束ねることを目的としている管理方式の一つである。
  • もはや自分の髪はたばねることができないのだと思うと、彼女はなんだか自分のまわりの人たちが誰かれとなしに憎らしくなってきた。 ユゴー/斎藤正直訳『レ・ミゼラブル(上)』より引用
  • しかし、リーダーシップ不足からチームを束ねることに失敗し二度のうつ病に。
  • だが、みんながあんまりでたらめなんで、束ねることにしたんだ。 早見裕司『メイド刑事01』より引用
  • すきをとり穂を束ねることもどんなにか幸福に見えるだろう。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 慣習と天の条理、どちらの後ろ盾もない者が朝廷を束ねることは不可能に近い。 小野不由美『十二国記 09 黄昏の岸 暁の天』より引用
  • そして、フォイゾン自身もそれらを束ねることの難しさを痛感しているのであった。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 09 オーラ壊乱』より引用
  • 父親から引き継いだ職人たちをうまく束ねることができず、職人は一人、一人と甚一のもとを去った。 沢木冬吾『償いの椅子』より引用
  • スプリットをマストに束ねることで省スペースの帆の収納を可能としたが、それは同時に必要なときに帆で甲板を覆えないことを意味した。
  • 法的な契約によって設立された連邦政府は、国内の誰もその契約に署名せず、その同意を与えていないので、法的に全ての人々を束ねることができない、その同意は常に仮定に基づいており、裁判所で有効な契約だと証明できる最も基本的な責任となりえていないと、述べることで自説を補強した。
  • だが、何事にも驚かない番匠でなければ、R特捜班を束ねることはできないだろう。 今野敏『心霊特捜』より引用
  • 「麻は1本では弱く見えるけれど、束ねることによって何にも負けない力を持つ」という意味が込められている。
  • 実子に恵まれないこの名君に養われるならば、二万石の家に生まれた照姫はやがて迎えられるであろう養子の君の正室となり、大藩会津二十三万石の奥向きを束ねることになる。 中村彰彦『恋形見』より引用
  • さらに派生的な群であるトミヨ属・アペルテス属やクレア属では海藻を束ねることはせず、より多くの巣材を付着させることによって卵塊を露出させないようにする。
  • 次へ »