杜撰

全て 名詞
500 の例文 (0.00 秒)
  • 東のような男がそこを計算していないのは杜撰ずさんといわれても仕方がない。 ...
  • 警察は時効成立後も捜査を続けてきたが杜撰な捜査が批判されている。 ...
  • わたくしは早く此にその頗る杜撰のものであつたことをことわつて置く。 ...
  • 吉田は、こうした杜撰さの話はほとんど報道されていないと指摘している。 ...
  • なぜそんなに杜撰だったかについては説明するまでもないだろう。 ...
  • 対米交渉中の外務省の仕事ぶりに杜撰さを感じて驚くことが多かった。 ...
  • 杜撰ずさんといえば、杜撰だが、これが六〇年代初頭の空気だったのである。 ...
  • いくら艦隊配置が杜撰ずさんだといっても、地上はのほほんとはしていないだろう。 ...
  • うちのを高いという人もいるけど、安いヘビ粉は輸入元の乾燥法が杜撰。 ...
  • 杜撰ずざんな考証に対してもし識者の教えを受ける縁ともならば大幸である。 ...
  • こうした施設の薬品管理は劇物も含めてやや杜撰ずさんのそしりは免れえない。 ...
  • もっともその批評がそれ自体としては幼稚杜撰なものであったけど。 ...
  • その結果として、劣悪な労働環境や杜撰な廃棄物処理を生じることとなる。 ...
  • 帳簿の不備や杜撰ずさんな荷造りを発見した時、この男はよくこんな表情をする。 ...
  • しかも、州の司法当局は杜撰な裁判が行われたことに対して全く関心がなかった。 ...
  • それなのにきいていると、計画は杜撰ずさんをきわめて支離滅裂なものがあった。 ...
  • もちろん、ある仕事には身を入れ、ある仕事の場合には杜撰ずさんになるということはある。 ...
  • 次へ