杉山千鶴子

23 の用例 (0.00 秒)
  • だが、ここからは杉山千鶴子を殺したという証拠は何も出なかった。 松本清張『火と汐』より引用
  • これは阿仁が現場において杉山千鶴子に対する犯罪をなしたためと考えられる。 松本清張『火と汐』より引用
  • 新宿のバーのホステス・杉山千鶴子が、東京の西の外れの渓谷で殺された。
  • 杉山千鶴子は土曜日の夕方店に電話をかけて、今夜は店を休むと連絡してきている。 松本清張『火と汐』より引用
  • ちょうど杉山千鶴子が駅で電車を降りたときだ。 松本清張『火と汐』より引用
  • そして、彼女と被害者の杉山千鶴子の幻想とが重なったりして、いやな気分であった。 松本清張『火と汐』より引用
  • 杉山千鶴子のハンドバッグは安物の黒革で、中にはいつも千円か二千円しか入れていない。 松本清張『火と汐』より引用
  • 被害者杉山千鶴子は、午後六時十分到着の電車でO駅に降りたが、吊橋を七時五分前に渡ったのであるから、それまで同駅付近を逍遙していたことと推定される。 松本清張『火と汐』より引用
  • すなわち、杉山千鶴子の死体から出た精液と同じ型である。 松本清張『火と汐』より引用
  • このとき、多分、駅前にいたと思われる杉山千鶴子を見かけ、多分は被告のほうから話しかけたと思われる。 松本清張『火と汐』より引用
  • 杉山千鶴子と親しいバアの客からは有力な容疑者は挙がらなかった。 松本清張『火と汐』より引用
  • また、たとえ金で誘われたとしても、杉山千鶴子だって誇りはあろうし、警戒心もあったに違いない。 松本清張『火と汐』より引用
  • 以上をもって本弁護人が考察するならば、被害者杉山千鶴子は、二十四日午後六時十分ごろ、新宿から乗ってきた電車でO駅に降車し、駅前付近において、次に来る電車に乗っていたであろう別の男性を待合せていたと考えられる。 松本清張『火と汐』より引用
  • しかし、彼はどうして被害者の杉山千鶴子を一面識もないのに、あの夕方の現場にたやすく誘うことができたのであろう。 松本清張『火と汐』より引用
  • もっとも、男の姿も服装も折からの夕闇と遠距離のために証人は確認するに至らなかったが、このときの赤い洋服姿が被害者杉山千鶴子であり、いっしょに橋を渡っていた男が被告であると推定するに困難ではない。 松本清張『火と汐』より引用
  • 検察官は、被害者杉山千鶴子が金銭のためにさまざまな異性と交渉を持ったという日ごろの性格を考えて、被害者が被告とつれ立って現場に到るのは不自然ではないとしているようであるが、本弁護人は全く逆の解釈でいる。 松本清張『火と汐』より引用
  • 新聞で見た新宿の「ウインザー」というバアからの届出で、死んだ女は自分の店に働いているホステスの杉山千鶴子に違いないというのである。 松本清張『火と汐』より引用
  • 杉山千鶴子は、大久保の「若葉荘」というアパートの一室を借りてひとりで住んでいた。 松本清張『火と汐』より引用
  • 要するに、以上の諸点によって、被告阿仁連平が被害者杉山千鶴子を強姦の上殺害したという証明はどこにも存在しないのである。 松本清張『火と汐』より引用
  • さらに、起訴状によると、被告は右のカメラ屋にフィルムを買いに行ったとき、偶然、駅前にいた被害者杉山千鶴子を見て話しかけ、甘言をもって現場に誘ったとする。 松本清張『火と汐』より引用
  • 次へ »

杉山千鶴子 の使われ方