本題を切り出し

29 の用例 (0.00 秒)
  • さらにいくつか当たり障りのない質問をしたところで私は本題を切り出した。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • しかしそのときには、教授に本題を切り出す前に逃げられた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第10巻 ロンドン橋に星は灯る』より引用
  • ようやく箸を使うピッチが落ちはじめたところで、本題を切り出した。 近藤紘一『妻と娘の国へ行った特派員』より引用
  • それで向こうもやっと本題を切り出す気になったらしい。 新井輝『ROOM NO.1301 10』より引用
  • ようやく、店員さんと名乗る白玉団子に本題を切り出すことに成功した。 入間人間『電波女と青春男 第02巻』より引用
  • スパークはグリーバスのもとへ歩き、挨拶あいさつもそこそこに本題を切り出した。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • 留真は普通にそれを信じたのか、空になったコーヒーカップをテーブルに戻し、本題を切り出した。 白瀬修『おと×まほ 第01巻』より引用
  • タバコを二度深く吸い、気分を落ちつけてから、夕子が本題を切り出す。 樋口有介『枯葉色グッドバイ』より引用
  • おばあちゃんの目線が水平に帰還するのを待ってから、私は本題を切り出す。 入間人間『電波女と青春男 第02巻』より引用
  • 居心地の悪さは僕の個人的なものとして呑み込むとして、僕は影縫さんに本題を切り出した。 西尾維新『憑物語』より引用
  • 集まった者たちを代表だいひょうし、年頭としがしらの男が本題ほんだいを切り出した。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 07』より引用
  • さらにいくつか、当たりさわりのない質問をしたところで、かなたは本題を切り出した。 山本弘/安田均/高井信『妖魔夜行 しかばね綺譚』より引用
  • 多くを語らず、王方平は本題を切り出した。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • アルフレードをどんなにか愛しているかと理由を説明する彼女に対し、ジェルモンは本題を切り出す。
  • 「CBCのニュースを見たよ」姉妹は本題を切り出した。 打海文三『裸者と裸者(下) 邪悪な許しがたい異端の』より引用
  • エリオが玄関から離れていくのを見計らい、本題を切り出す。 入間人間『電波女と青春男 第02巻』より引用
  • そして本題を切り出すことにした。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第03巻 プロポーズはお手やわらかに』より引用
  • 人気女性歌手の十九歳での入籍、一年四ヵ月ぶりに土俵に帰ってきた横綱、あとを絶たない食肉の不正表示と、しばらく世間話をしたあと、俺は本題を切り出した。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • さて、そろそろ本題を切り出すことにした。 滝本竜彦『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』より引用
  • 「シティの停戦について考えを聞かせてもらえませんか」イズールが本題を切り出した。 打海文三『裸者と裸者(下) 邪悪な許しがたい異端の』より引用
  • 次へ »