本物の伊勢伊勢守

17 の例文 (0.00 秒)
  • ところがお八重の父こそが本物の伊勢伊勢守であった。 ...
  • ところが八重の父こそが本物の伊勢伊勢守であった。 ...
  • 「にせ」が勝ったときの約束の通り、本物の伊勢伊勢守の娘・八重を連れて、「にせ」は去っていく。 ...
  • 修行を終えてパワーアップしたはずの本物の伊勢伊勢守。 ...
  • そうこうするうちに、強くなったはずの本物の伊勢伊勢守から再度の決着のための果し状が届く。 ...
  • お八重の父・本物の伊勢伊勢守演じた高勢実乗は、おなじく日活京都撮影所の所属俳優であり当時満41歳、1915年以来17年の映画界でのキャリアがあった。 ...
  • 強くなったはずの本物の伊勢伊勢守は、「本物が贋者に負けたためしは古今東西、歴史にない」と贋に再度対決を挑み、しかしながら敗北する。
  • 甲氏・乙氏が財布を開けるとなにも入っておらず、くやしさいっぱいで、本物の伊勢伊勢守に「贋者登場」の密告に参上する。 ...
  • 本物の伊勢伊勢守は、自らの威信を賭けて、山奥に籠り、仙人のもとで修行を開始した。 ...
  • 伊勢守は贋に対決を挑むが、贋は強く、当代随一の剣豪のはずの本物の伊勢伊勢守は、これに敗北する。 ...
  • 伊勢守は「にせ」に対決を挑むが、「にせ」は強く、当代随一の剣豪のはずの本物の伊勢伊勢守は、これに敗北する。 ...
  • 本作において、徹底的に虚仮にされる本物の伊勢伊勢守を演じた高勢実乗は、本作をもって「道化演技」を確立し、デビュー以来の憎々しい敵役から、三枚目俳優への転身を図る転機となった。 ...
  • ショックを受けた本物の伊勢伊勢守は、自らの威信を賭けて、山奥に籠り、仙人のもとで修行を開始した。 ...
  • 浪人たちは怒り、「伊勢伊勢守」を名乗る贋者が存在することを、本物の伊勢伊勢守に密告する。 ...
  • 「本物が贋者に負けたためしは古今東西、歴史にない」と、本物の伊勢伊勢守は、自らの威信を賭けて、山奥に籠り、仙人のもとで修行を開始した。 ...
  • 伊勢伊勢守は贋伊勢守に真剣による対決を挑むが、柄杓で応戦する贋伊勢守は意外に強く、当代随一の剣豪のはずの本物の伊勢伊勢守は、これに敗北する。 ...