本数が多くなる

20 の用例 (0.00 秒)
  • この結果、当初とは打って変わって錦糸町駅側の方が本数が多くなっている。
  • この頃から並走するバスの本数が多くなり、軌道線の乗客は減少していった。
  • 本数が多くなるとこの方式は困難となり、地下鉄など都市内鉄道では行われない事例が多い。
  • 京王が桜46も運行しているため、多摩センター側の本数が多くなっている。
  • この区間が複線なのは武蔵丘への回送列車が通るために運転本数が多くなるからである。
  • 朝晩は本数が多くなり、ラッシュ時には一部の特急『こうのとり』も停車する。
  • 北海道医療大学駅折り返し列車は、学生の利用が多い平日朝下りと午後上りは本数が多くなる。
  • 朝ラッシュ時の大阪方面は本数が多くなる。
  • 朝時間帯は本数が多くなる。
  • また朝晩は本数が多くなり、当駅発着便の設定もある。
  • 更に朝夕の通勤時間帯には関西本線と並行して走る近鉄名古屋線の列車本数が多くなることから「開かずの踏切」が発生し車や歩行者による鉄道事故が起きやすくなっていた。
  • 朝の大阪方面行きと、夜の到着列車は本数が多くなり、JR東西線方面からの快速も乗り入れる。
  • 朝晩は当駅折り返しを含めて本数が多くなる。
  • 断面の平らさは三つ編みではそれほどはっきりしないが、本数が多くなると顕著に平らになり、シート状になる。
  • 朝ラッシュ時は本数が多くなり、JR神戸線加古川始発の普通電車が1日2本停車する。
  • 朝晩は本数が多くなり、緩急接続も設定されている。。
  • 函館駅 - 五稜郭駅間では江差線の普通列車が乗り入れるため、運行本数が多くなっている。
  • 当初は星の数とともに縞の本数も増やされていたが、本数が多くなるにしたがって不恰好で見づらくなったため、発足時の13本に戻したという経緯がある。
  • 朝晩は当駅始発・終着を含めて本数が多くなる。
  • 夕方ラッシュ時には、同駅で本線同士の急行と各停の緩急接続も行われるほか、本数が多くなる朝方や夕方のラッシュ時には星川駅での緩急接続または通過待避が行われる。