本当に

全て 副詞
37,154 の用例 (0.02 秒)
  • この話しを読む人は誰もこの中に書いてある事を本当ほんとないであろう。 夢野久作『白髪小僧』より引用
  • 私は本当にあわてずに自分の道がどう開かれてゆくかを見ようと思った。 伊藤野枝『転機』より引用
  • 本当に泣いているように泣いているというのでは、これは俳優ではない。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • つまり私の立てた説が本当に物凄い価値を現わしたことになるのですね。 海野十三『三角形の恐怖』より引用
  • その大切な帽子がなくなってしまったのですから僕は本当に困りました。 有島武郎『僕の帽子のお話』より引用
  • 何故ならば人間は幻覚によつてのみ本当に生きることが出来るのだから。 有島武郎『描かれた花』より引用
  • いつの間にか逃げたらしいと云うのですが、わたくしは本当にしません。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • こんどの小説は本当にあったことしか書かないとおっしゃったでしょう? 織田作之助『それでも私は行く』より引用
  • お光には女が本当に処女であるらしいことははじめから会得されていた。 島田清次郎『地上』より引用
  • 本当に息が止まってしまうのではないかと思った時、私の名前が呼ばれた。 植松真人『雨のボレックス』より引用
  • 人間二人一しょに本当に幸福だなんてことは、なかなかないものですよ。 坂口安吾『安吾人生案内』より引用
  • そして私は本当にすべてが消滅するかと思はれるほど苦しんだのだった。 素木しづ『かなしみの日より』より引用
  • そして古い伝統のなかから本当によいものまで失つたやうに思はれます。 岸田国士『日本人のたしなみ』より引用
  • 本当にしつかりした信念があるならば何の恐れをなす必要もないと思ふ。 有島武郎『狩太農場の解放』より引用
  • その自信がなければ本当に立派な商売は出来るものではありません。 相馬愛蔵『私の小売商道』より引用
  • チベット人の説にはかつて本当に物を言ったことがあるとしてあるのです。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • ちょっと注意しておくが、彼は本当に帰って行くつもりなのであった。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • これで夢の幽霊さえ出てくれねば、本当に好いのだがと思いつつ眠った。 江見水蔭『丹那山の怪』より引用
  • 本当にあの工場へだけは、どんなことがあっても行っちゃいけないわ。 佐左木俊郎『猟奇の街』より引用
  • 本当に、本当に、小説家というものは油断のならぬものだと思いました。 太宰治『恥』より引用
  • 次へ »