本場所の土俵

26 の用例 (0.00 秒)
  • 本場所の土俵で、この死に体ヽヽヽをとられて負けた相撲が、都合六番もある。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • これは本場所の土俵で史上初めての兄弟対決となったことから、当時は話題になった。
  • コンタクトレンズを着用して本場所の土俵に上がった最初の力士でもある。
  • 教習所でも稽古場でも、指導はしているが、本場所の土俵で実行されなくなってきた。 もりたなるお『土俵に棲む鬼 相撲小説集』より引用
  • しかし千代の富士は、本場所の土俵に立つと、慎重に白星を重ねはじめた。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 前相撲を取ったものの本場所の土俵を踏むことなく没した唯一の力士でもある。
  • 本場所の土俵進行は奇数日目が東方から、偶数日目が西方からとなっている。
  • しかし千代の富士は、入院先から駆けつけ本場所の土俵にのぼってきた。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • しかし、本場所の土俵になれば、そんなこといってられない。 山際淳司『エンドレス・サマー』より引用
  • 大関が目の前にぶらさがりながら、本場所の土俵、体が動かず六勝九敗と惨敗である。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 左膝の怪我が慢性化していた時期があり、2012年7月場所にサポーターを外して本場所の土俵に上がったことが確認されるまで4年もの間において取組中に装着されていた。
  • 貴ノ花が本場所の土俵で立合いの変化を見せたのはこの一回だけだと言われており、これも貴ノ花の土俵態度をよく物語る逸話の一つとして知られている。
  • しかし巨人ゆえに破竹の勢いであっさり横綱にのぼってしまってから、本場所の土俵が怖くなったのだ。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • ですから、本場所の土俵では滅多に見られない技です。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • 輪島が本場所の土俵を観戦することは年寄花籠を名乗っていた当時の1985年11月場所以来、23年2ヶ月ぶりのことであった。
  • 出世が早く、十両の土俵でも大銀杏を結うことができなかったが、関取経験者が本場所の土俵で大銀杏を結うことなく引退した力士は大倭以来であった。
  • そして同年9月場所前の9月11日、本場所の土俵に上がる事無く、十両の地位で日本相撲協会に現役引退を申し出て土俵を去ることとなった。
  • だが、本場所の土俵に復帰することは遂に叶わず、三段目下位まで番付を落とした1988年1月場所を最後に26歳の若さで廃業した。
  • 琴欧洲に改名後は、一貫して黒色の廻しを締めて、本場所の土俵に上がっていた。
  • 土俵態度では松登晟郎と本場所の土俵上でにらめっこしたり、大量の塩を高々と撒く若秩父高明に対して指先で少しだけ塩を撒いたりと飄々としていた。
  • 次へ »