本作は元々

18 の用例 (0.00 秒)
  • 本作は元々、44ページからなるプレスティング・フォーマットの漫画誌として発行された。
  • 本作は元々2009年内に公開される予定だったが、2010年3月5日まで延期された。
  • 本作は元々、2006年秋に始動することが決まったThe CW系列の継続番組候補に入っていた。
  • 本作は元々2011年1月28日公開を予定していたが、コロンビア映画は延期を表明した。
  • 本作は元々「X JAPAN世界デビュー作品」として制作されていたものであり、日本盤のほかに全英語詞の世界盤が発売される予定の作品であった。
  • 本作は元々1975年11月の来日公演に合わせてリリースされる予定だったが、最終的に1976年4月25日発売となった。
  • 本作は元々、作者の諫山創が漫画家デビューを果たす前の2006年に編集部へ持ち込みをするための読み切り作品として考案された。
  • 本作は元々はニンテンドーゲームキューブで日本では『バンジョーとカズーイの大冒険3』というタイトルで発売の予定をしていたらしい。
  • 本作は元々ジョン・バリーによる企画だったが、バリーは主演のカーク・ダグラスと金銭面で揉めた末に降板となった。
  • 本作は元々アメリカ合衆国よりハリウッドでの実写劇場版製作の企画を持ちかけられた際に、当時の子供の間では『マクロス』の知名度が低かったことから、日本国内でOVAとテレビアニメの新作を展開して人気を獲得しようという意図の下に企画された。
  • ちなみに、本作は元々タイムワーナーインタラクティブで製作されていた経緯もあってか、解説書テキストはテンゲンのものを連想させる文体となっている。
  • 本作は元々2008年11月に公開される予定だったが、同年12月に延期され、さらにその後もポストプロダクションの遅れや他作品との競合回避のために2009年にまで延期された。
  • 本作は元々、本家『ワンス・アポン・ア・タイム』の放送が一時中断する冬季に放送されると予測されていたが、2013年5月14日、ABCは本作が木曜枠で秋から放送開始となることを発表した。
  • 本作は元々の付属教会のために作られたが、2013年の時点で上部はアテナ国立美術館に、下部は1983年にはマドリッドのウルキーホ銀行にあったが、後にサンタンデール・セントラル・イスパの財団の手元に収蔵されている。
  • 本作は元々タベーラ病院付属教会の絵画、彫刻を含む祭壇衝立の一部であり、契約は1608年11月16日に結ばれた。
  • 本作は元々歌詞のないインストゥルメンタルであるが、作詞家の松本隆が歌詞を書いて「ウィンク・キラー」というタイトルで発表し、小泉今日子と野村宏伸がこれを歌っている。
  • 本作は元々、先行する『マジンガーZ』『ゲッターロボ』等と差別化を図るため、スポンサーの了承の下でオカルト設定を取り入れて企画された。
  • 本作は元々、クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスの二本立て映画『グラインドハウス』のプロモーション企画として行われたフェイク予告編コンテスト用にジェイソン・アイズナーが作ったものである。