本に

全て 副詞
66 の用例 (0.00 秒)
  • しかし私は意識を本に集中することができなくなってしまっていた。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • 見ると本にめり込むようにして、法衣を着た男がもう一人、伸びていた。 畠中恵『ねこのばば』より引用
  • また自身で撮った写真を本に使用することもあり、写真集も出版している。
  • いや、誰とも話したくなかったから本に逃避していたのかもしれない。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • つづきもので、七部にわけて出版され、それがおわると本になるんです! ウェブスター/北川悌二訳『あしながおじさん』より引用
  • 同年4月、本に近い場所ということから、出版社に就職、編集者となる。
  • そして私は、本にならつて腕を挙げたり下げたりして見た。 牧野信一『「或る日の運動」の続き』より引用
  • 本に夢中になっていると、よくこういうことになるのです。 ジョーンズ『ハウルの動く城03 チャーメインと魔法の家』より引用
  • 本になつてゐる方だつて、何行も脱けてゐて、わかりにくい所がたくさんありますわ。 郷静子『れくいえむ』より引用
  • なにしろ、本にじぶんの話を入れてもらいたがっている会員かいいんが、まだ九ひきもいますからね。 ロフティング『ドリトル先生物語05巻 ドリトル先生の動物園』より引用
  • 一体あの本に何が書いてあったんだろう。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 03』より引用
  • 由希子の肩にそっと手をのせて、もっとよく見ようよ、と本に顔を近づけた。 西田俊也『love history』より引用
  • という位置づけになり、やはり九条家本そのものではないものの九条家本に近いかなり古い時期のものであるということになる。
  • 他にも、これらを本に編集されたものがある。
  • そのまゝ失念してゐたが、本になつてから、しまうたと思うた。 折口信夫『「琉球の宗教」の中の一つの正誤』より引用
  • 本に夢中になっていたからである。 シムノン/長島良三訳『メグレと殺人者たち』より引用
  • だが剃立そりたての顔が学者に似合はない事もあるやうに、どうかすると本に食中しよくあたりをする画家ゑかきもある事を忘れてはならない。 薄田泣菫『茶話』より引用
  • 是であれを本にしてやれと思って、積らせて見たところが丁度五十部だけ出来るという。 柳田国男『予が出版事業』より引用
  • ページ氏はいつか一冊の短編集を出したいと願っており、それで私はそれらを本に掲載する価値のある物に書き直している。
  • 本になくても、友人の精神病学者に訊いてみることは可能だが、私はこの文章を書くに当って、わざとそれをしないことにした。 大岡昇平『幼年』より引用
  • 次へ »

本に の使われ方