末裔

全て 名詞
4,016 の例文 (0.01 秒)
  • 墓はあってもあてにならず、末裔まつえいと呼ばれる者達も、全く見当たらない。 ...
  • 大阪国の歴史について、豊臣家の末裔について、父の口から伝えられる。 ...
  • 人一倍誇り高い王国騎士の末裔まつえいが、自ら折れてこの俺に頼んでいるのだ。 ...
  • ここに横たわっているのが、かつての人間の末裔であると知っていながら。 ...
  • 幼い頃には、武士の末裔まつえいのほうが恰好かつこうがいいような気がして、母に尋ねた。 ...
  • それに私の疎開していた村に旧本陣の末裔であるところの一族が住んでいた。 ...
  • 岩井君以前にも、ここの神々の末裔まつえいに相当する人物が存在したかも知れん。 ...
  • 後に東晋の時代になって、山陽公の末裔を捜索する詔勅が出されている。 ...
  • まさに宏一は、その状態において、八百万やおよろずの神々の一人の末裔まつえいであった。 ...
  • フランス王家であったブルボン家の末裔を称する一族が居住している。 ...
  • 隣にいるのがザビ家の末裔だと知ったら、彼らはどのような反応を示すだろう。 ...
  • 自分を届けた宇宙人たちの末裔である麗破の口を通して意思を伝える。 ...
  • そもそも人でありながら、神々の末裔であるというのは矛盾である。 ...
  • この人物はかつてイランを支配したサファヴィー朝の末裔でもあった。 ...
  • たしかに君の代わりに出席するはずだったわたしのおやじも米問屋の末裔まつえいだ。 ...
  • 石や木や川や山に神をた日本の古代人の血が、嘘の神の末裔まつえいを言いあてたのであろう。 ...
  • 徳川の殿様の末裔と云われる人が、そういう景観のところに住んでいた。 ...
  • 次へ