末永

全て 名詞 形容詞
285 の用例 (0.00 秒)
  • 末永は背を丸めるとブランコに座ったまま、無言のまま身体を震わせた。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 末永喜造は、任意出頭を求められているにすぎず、逮捕されてはいない。 和久峻三『木曽路妻籠宿殺人事件~赤かぶ検事シリーズ 1992』より引用
  • 四人掛けのボックスシートに腰を落ち着けると、末永が宇都宮にいった。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 白いスーツの男を認めると末永はうなずいて、小峰たちのほうを見た。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • アベケンが電話をおくと、末永は畳に頭をこすりつけるようにいった。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 末永の話では東京には張り師やガジリ屋が集まる店が二、三軒あるのだという。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 真奈美さんが誘拐されたと知って、末永秀男は、どういう反応を示した? 和久峻三『木曽路妻籠宿殺人事件~赤かぶ検事シリーズ 1992』より引用
  • わたしは、亡くなった親父と違って、末永喜造さんを憎んではいません。 和久峻三『木曽路妻籠宿殺人事件~赤かぶ検事シリーズ 1992』より引用
  • あの広告を出して以来、末永甚吉は話題の中心人物になっていた。 松本清張『黒の様式』より引用
  • 病院から逃げ出した後、行方不明になっていた末永秀男の消息が判明した。 和久峻三『木曽路妻籠宿殺人事件~赤かぶ検事シリーズ 1992』より引用
  • 池浦源作は、私たち兄妹の前では末永セイを殺すことができなかった。 松本清張『黒の様式』より引用
  • 末永喜造にしてみれば、何としてでも、わが子の記憶を回復させてやりたい。 和久峻三『木曽路妻籠宿殺人事件~赤かぶ検事シリーズ 1992』より引用
  • それは厚生労働省の代議士の娘・末永万里に接近し関係を持つことだった。
  • さすが、末永家の長男であるだけに、廊下の一番奥の静かな個室が用意されていた。 和久峻三『木曽路妻籠宿殺人事件~赤かぶ検事シリーズ 1992』より引用
  • そして、ここで私が問題としたいのは池浦源作の第二の妻末永セイのことであります。 松本清張『黒の様式』より引用
  • 末永は新しい客が入口を抜けてくると、カードに落としていた目をあげて、目的の男か確認している。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • いまや、末永喜造は、その類いの〃重要参考人〃であるとみられていた。 和久峻三『木曽路妻籠宿殺人事件~赤かぶ検事シリーズ 1992』より引用
  • 主の末永喜造さんがわざわざ、わたしに電話をしてきましてね。 和久峻三『木曽路妻籠宿殺人事件~赤かぶ検事シリーズ 1992』より引用
  • その呼称は、戦前の発掘成果によって末永雅雄が提唱したものである。
  • ライバル企業の末永家からは、一人の犠牲者も出ておらん。 和久峻三『木曽路妻籠宿殺人事件~赤かぶ検事シリーズ 1992』より引用
  • 次へ »

末永 の使われ方

末永 で始まる単語