未来を切り拓く

6 の用例 (0.00 秒)
  • 教育目標:自分の未来を切り拓くために、進路希望の実現に向けて全力で学習に取組む生徒を育成する。
  • 「大きな器づくり」とは、幼少期に多くの知識・技能を教えこむのではなく、子どもたちがその先の人生で学ぶことをよりよく吸収するための「器」=「未来を切り拓く力」を大きくしようという考え方である。
  • 山口県教育委員会は、山口県立周防大島高等学校に、福祉の心を持って地域に貢献する人材を育成するため、地域社会の未来を切り拓く総合的な実践力を養う新たな学習内容を取り入れた学科として設置した。
  • この教育事業により、「未来を切り拓く上質な人づくり」を社是とし、「世界に貢献する人づくり」を標傍している。
  • 我が国及び国際社会の一員としての自覚にたち、人権を尊重し、自主的・自律的、創造的能力に富んだ未来を切り拓く力を持つ生徒を育てる。
  • さらに、生徒の学力を向上させることだけでなく、智力、人間力、体力の3つをバランスよく育ててこそ、未来を切り拓く上質な人づくりが実現できるとのことから塾としてはめずらしい「徳育」にも力を注いでいる。