未だ還ら

7 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は午後四時より向島むこうじま八百松やおまつに新年会ありとていまかへらざるなり。 ...
  • しかし、この健闘にも若い優秀な海鷲が幾人か、未だ還らざる数に入つてゐる。
  • だから私は万里征人未だ還らずといったような感懐よりも、流血の土中から咲き出た一本の芥子の花に永遠の生命の美しさを見て、自然の偉大さを思い、同時に人間の愚かさを感じないわけにはいかなかった。 ...
  • 別居せる直道ただみちは旅行中にていまかへらず、貫一はあだかもお峯の死体の出でし時病院より駈着かけつけたり。 ...
  • 王子の金輪寺こんりんじを敲けば、寺僧混外は出でて未だ還らなかつた。
  • 太祖の洪武こうぶ二十八年、傅安等ふあんら帖木児チモルもと使つかいせしめて、安等猶未あんらなおいまかえらず、たちまちにしてこの報を得、疑虞ぎぐする無きを得んや。 ...