未だ知ら

54 の例文 (0.00 秒)
  • 何の爲めに毎晩かうして 寒い中を母親が走るのか、彼は未だ知ら無い。 ...
  • しかしこの時点では、水爆の正確なメカニズムは未だ知られていなかった。 ...
  • しかしかれら自身は 自らが運命さだめの糸の上にあることを、 未だ知らなかった。
  • 未だ知られざる南洋の大陸はウルダネタの心を衝き動かしていたのみではない。 ...
  • 大樹の何の木なるかも亦わたくしの未だ知らざる所であつた。 ...
  • 韓国には欧米では未だ知られていない沢山の小規模の宗派がある。 ...
  • この反省と懷疑とは、未だ知られざる高みから差して來る光である。 ...
  • 大探検時代を経て世界の姿が明らかになりつつあった近代には、未だ知られていなかった各地に探検家達は赴いた。 ...
  • 王は、未だ知らぬ自分の名に「自己」を見出そうとしていた。 ...
  • 男は自分がつかまえようとしている人物がいかなるものかを忘れ果てたか、或いは未だ知らぬものかのようであった。 ...
  • 日本の力を未だ知らぬのか。
  • 御身はそれを知らざりき、御身について運命の書にしるされてあった一切を、未だ知らなかったゆえ。 ...
  • しかしながら、英略については未だ知られておりません。
  • こいつのいまだ知られざるなぞのパワーは、どうやらハルヒも知らないうちに唐変木とうへんぼくなことをやっているらしいからな。 ...
  • 新らしい道は古き道を辿る人々しくは古き道を行き詰めた人々に未だ知られざる道である。 ...
  • 此北遊の年月はわたくしの未だ知らざる所である。 ...
  • 民衆の大部分は、意識的には、既にあるものを求め、その少数の一部が、未だ知られざるものを解らうとするのである。 ...
  • 次へ