未だ嘗て

全て 副詞
124 の例文 (0.01 秒)
  • 私はその時見たくらゐ杉の色の美しさを未だ嘗て見たことがなかつた。 ...
  • 余は未だかつて透谷の如く親切に余の議論を批判したるものあるを見ず。 ...
  • 幾島はこの瞬間におけるやうな蠱惑的な彼女を未だ嘗て見たことはなかつた。 ...
  • 多くの場合私の相手は此の三人なのでありますが、未だ嘗て私は敗北したことがありません。 ...
  • このように諸方で歓迎されながら彼は未だかつて尊敬というものをされたことがない。 ...
  • 彼はこのような男を未だかつて友としたことがない。 ...
  • 国民の一人一人が今日ほど政治といふものに関心をもつてゐる時代は未だ嘗てないだらうと思ふ。 ...
  • 私は未だ嘗て市内でその姿を見たことがない。 ...
  • 彼等が唯物論として之を説くのみ、未だかつて自ら之を身に躰せざる也。 ...
  • 彼の死を悼む気持が、未だ嘗てこれほど痛切であつた例しはない。 ...
  • こんなことは私は未だ嘗て経験したことはない。 ...
  • しかし僕はどういう訳か、未だ嘗て滝田君とお茶屋へ行ったことは一度もなかった。 ...
  • そは杜撰づさん彼篇の如きは己れの未だ嘗て見ざるところぞとの事なりき。 ...
  • 彼は「世界の上にいまかつられざる横浜市の祝捷しゅくせふ行列」の記事を読んだ。 ...
  • 我々の心は未だ嘗て罪悪の意識を逃れたことはない。 ...
  • あんな美しい女を己は未だ嘗て他に知らない。 ...
  • 未だ嘗て芝居に続き物といふのは存在した例が無い。 ...
  • 次へ