未だ健在

39 の例文 (0.00 秒)
  • 上将軍の一人、戦死したと思われていたサフィールは、未だ健在だった! ...
  • 大正時代に建設され、その歴史的価値も高い蟹寺発電所も未だ健在である。 ...
  • そのキ六七が十数機も翼を並べているところなどは、空軍未だ健在という心強さを感じさせた。 ...
  • すべてが防衛タイプでないとは言え、一つのタイプに約二万の個体が属するので【白鯨】の脅威は未だ健在だ。 ...
  • 「無事でよかった」 この大騒ぎの元凶げんきょうである娘が未だ健在なのを見ながらそんな言葉を聞けば、なにをどうすればいいのかわからなくなるのが当然だろう。 ...
  • これに対してゲームの中盤に攻略するナルツガイスがいる要塞は未だ健在である時点の話でもあり、小説ではナルツガイスがいる要塞の攻略に取り掛かったとの描写は見られない。 ...
  • しかし神保長職の勢力は未だ健在で、椎名康胤としては上杉謙信の処置に不満を残していた。 ...
  • だが、レキシントンは未だ健在であり、浸水を食い止め火災も鎮圧した。 ...
  • しかし、戦闘時における槍としての機能の有効性は未だ健在であり、軍用のサバイバルナイフの中には柄の部分が空洞になっていて、木の枝などを挿し込んでソケット式の槍にするものもある。 ...
  • イタリアとローマを失ったローマ皇帝であったが、コンスタンティノープルを首都とする帝国東方は未だ健在だった。 ...
  • 彼らにとって最大の障害は、パイロットの大半を喪失したとはいえ、未だ健在であるエゥーゴの旗艦アーガマであった。 ...
  • 家で寝転がって読書とビデオと茶菓子に明け暮れているようなサーヴァントに言われたくはなかったが、たしかに今後の問題になるのは、負けて倒された敵よりも、未だ健在な敵の方である。 ...
  • 徴税システムとしての政府の銀行システムが未だ健在であるため、税率は依然高いままである。 ...
  • 同時にマシンを壊すと自分の懐に響くからという物もあり、今までのような暴れっぷりは無くなったが、上位で安定した結果を残し、テクニックは未だ健在であることを示す。
  • 近年では軍用水筒も徐々にプラスティック製品へと移行しつつあるが、長年の実績と、火にかけられると言うメリットを持つ金属製水筒も未だ健在である。 ...
  • オーストリア軍は多大な損失を出したが、主力は未だ健在であり、ロシアの援軍も迫っていたため、講和には応じなかった。 ...
  • 神童未しんどういまだ健在といったところだろうか。 ...
  • 次へ