木陰

全て 名詞
1,578 の例文 (0.00 秒)
  • それに彼らは暗い木陰にいたので、男はまだ気がついていなかった。 ...
  • わたしたちのボートが木陰に入ったとき、わたしと彼女はキスをしました。 ...
  • その木陰で息を殺してこちらをうかがっているのは間違いないのだ。
  • まあいかに木陰があるとはいえ今日はこのほとんど南半球的な暑さである。 ...
  • 木陰で本を読んでいる寧温の下に顔を赤らめた酔っぱらいがやってきた。 ...
  • そしてこれが、その夜オアフの柵子やしの木陰で話してくれた彼の物語である。
  • 二人は外の木陰で食べたいと言いますので、小さいテーブルを出してやりました。 ...
  • 二人を見ているのは、浜の入り際の木陰にいるUCATの者達だけだ。 ...
  • そんな怪物から身を守るすべはただひとつ、木陰にのがれることしかない。 ...
  • 「恋は、闇夜の木陰の草にそよ吹く風のようなものです」と彼はいった。 ...
  • 十五分ほどすると、いきなり左手の木陰がつきて、道は山腹にかかった。 ...
  • もっとも影がないのだから、木陰というのはあまり適切ではない。 ...
  • 神社の見える海岸の松の木陰に立ったとき、北は、思わず息をのんだ。 ...
  • 長山は木陰からベンチに戻ると煙草に火をつけて反対側の海を見下ろした。 ...
  • 彼は木陰に身を潜め、相手は林間に開けた空き地にその姿を曝している。 ...
  • 尚顕が公園内へと駆けつけると、誰かがびっくりしたように木陰に隠れた。 ...
  • 自分の家ができるのを、木陰からわくわく見ていたのかもしれない。 ...
  • 次へ