木陰に身

34 の例文 (0.00 秒)
  • 木という木がめりめりと音をたて、木陰に身を寄せるのも安全ではない。 ...
  • 彼は木陰に身を潜め、相手は林間に開けた空き地にその姿を曝している。 ...
  • 鳴滝は近くの木陰に身を隠し、どちらへ逃げたらよいか思案した。 ...
  • 彼はしばらく、木陰に身をしのばせて、支配人宅の様子をうかがいました。 ...
  • 和次郎はあわてて、ほりの堤を覆う木陰に身を隠し、大橋の下をのぞき見た。 ...
  • にこやかに語らい合う二人を見て、わたしは思わず、道端の木陰に身を隠しました。 ...
  • 馬蹄ばていひびきがして、ジョクは深く木陰こかげに身を寄せた。 ...
  • 八千の兵は雨に打たれながら、木陰に身を潜めて、織田勢の動静をうかがった。 ...
  • 私は、クロスのリードを引っ張り、反射的に桜の木陰に身を隠した。 ...
  • 今日もこちらのアミアンズ卿と私は かしわの木陰に身を横たえたあの男のうしろに 忍び寄ってみました。 ...
  • 初之助はふいにたまらなくなって木陰に身をかくした。 ...
  • アックアと別れてしばらく雪原を進んだ浜面はまづら滝壺たきつぼは、針葉樹の林の木陰に身を隠し、首だけを出してはなれた場所を観察する。 ...
  • 透明な冬の日射しの下、木陰に身を隠すようにぴったりひとつに重なりあったまま、二人は時間が止まったみたいに動かない。 ...
  • 仮措置かりそちとして、祐巳は校舎から離れ、裏道の木陰に身をひそませた。 ...
  • 木陰に身を潜ませた野々山は、息苦しさを覚えていた。 ...
  • 先きのほどより、彼方かなたの木陰に身を忍ばせ、二匹の問答をききゐたる、一匹の黒猫ありしが。 ...
  • ターラとトゥランは、小さな木のわずかな木陰に身をもたれて、ひとびとが門を出入するさまを観察していた。 ...
  • 次へ