木陰に腰

19 の例文 (0.00 秒)
  • 木陰に腰をおろしたまま、男は眼の前に見える大きな新しい建物を見ていた。 ...
  • 私は皆から少し離れた柳の木陰に腰を下ろして、この手紙を書いています。 ...
  • 洋一もすぐに息が切れてしまい、近くの木陰こかげに腰をおろして休むことにする。 ...
  • 二人は木陰こかげこしをおろして時刻を待った。 ...
  • そしてその朝木陰に腰を下ろして絵を手に掲げ、それに向かって、まるで生き身の本人を相手にするかのように話しかけた。 ...
  • 福州を目指して歩き続けた俺は、小高い丘の上まで来ると、木陰に腰をおろして一休みした。 ...
  • 僕たちは木陰に腰を下ろし、しばらく休憩した。 ...
  • そこにはカスタムタイプ、通常型を含めたアシストロイドたちが庭の木陰こかげに腰を下ろして何やら会話をしているようなそぶりを見せている。 ...
  • 帰りしな、二の丸公園の木陰に腰をおろし、ぱらぱらと冊子をめくったが、私には縁のなさそうな論文だった。 ...
  • 屋敷林を持つ農家が増え、生徒たちも生垣いけがきや濃い屋敷林の木陰に腰を降ろしている。 ...
  • 赤いリードを付けたミドロを膝の上に乗せて、リンタローは岸辺の木陰に腰を下ろす。 ...
  • 見抜かれたパイドロスは観念し、原稿を朗読して聞かせるために、イリソス川の中を歩いて行ってプラタナスの木陰に腰を下ろすことを提案する。 ...
  • ヴァンは飛鹿たちの散らばり具合を見てとると、彼らをおどかさぬよう風下に回り、木陰こかげに腰を下ろした。 ...
  • 照りつける日差しがじりじりと影の角度を変えていくのを、衛宮切嗣は木陰に腰を下ろしたまま、まんじりともせずに見守っていた。 ...
  • バザーロフは森に行きつくと、森のはずれの木陰に腰をおろし、そのときはじめてピョートルに、その果たすべき役割を打ち明けた。 ...
  • 男は食料品店に入って、一パイントのカートン入りミルクと、ミートパイを買うと、また木陰に腰をおろして、晩い昼食にとりかかった。 ...
  • 疲れると、小高い丘の木陰に腰をおろし、画用紙に絵を描いたり、他愛のないおしゃべりに興じたりする。 ...