木陰に立つ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 何をしている風でもない、少女は木陰に立ってどこかをぼんやりながめている。 ...
  • 神社の見える海岸の松の木陰に立ったとき、北は、思わず息をのんだ。 ...
  • 一人の青年が、道の向う側の木陰こかげに立って、こっちを見ているのに気付いたのである。 ...
  • 玉子はみごもって六カ月目の体をかばうように、庭の木陰に立っていた。 ...
  • 木陰に立っているので顔はよく見えない。 ...
  • そのとき、向こうの木陰に立っている一人の男に気づいたルイーズは、ハッと息を飲んだ。 ...
  • あの木陰に立つとぼくはいつもおごそかにその人を思い出す。 ...
  • 柳のほそい木陰に立つと、近くの水車場のせきでは水がざわめいている。 ...
  • わたしは、ウル・ヴァンのあとについて小屋を出て、その準備が進められるのを見物できるような木陰に立った。 ...
  • かれらがそこをわずかな距離だけのぼったとき、フォン・ホルストは、一頭の巨大なマンモスが木陰に立っているのを見た。 ...
  • 夜闇は惨めな面持ちで木陰に立っていた。 ...
  • 「しぶといです」 いかにも従順そうな老馬は顔を俯け、木陰に立ってじっとしている。 ...
  • 木陰に立った和宮のシャツはいよいよ白さがえ、青白い燐光りんこうを放って浮かぶようにも見えた。 ...
  • しかし、鬱蒼としていて、こうした気候のもとでは実に心地よいこれらの木陰に立つと、今日でもなお、旅行者は不安にかられて森の奥をのぞきこむ。 ...
  • カニックは、ハルディスの死体がどのようなものだったか、そして現場近くの木陰に立っていたエリケがどのような様子だったかを、〈ギューテバケン〉の少年たちに話す。 ...
  • マルフォイ、クラッブ、ゴイルが校庭の木陰に立っていた。 ...