木陰に入る

18 の例文 (0.00 秒)
  • わたしたちのボートが木陰に入ったとき、わたしと彼女はキスをしました。 ...
  • すぐ近くに植物学試験場があるのだから、木陰に入って涼めば良いのに。 ...
  • 男はいい知れぬ恐怖を覚えながら、溶樹の木陰に入っていった。 ...
  • オコシップは葉が黄色く染まったアオダモの木陰に入って昼寝をしていた。 ...
  • 肩の水滴を払いながら木陰に入った彼は、そこに先客がいることに気が付いた。 ...
  • 「木陰に入って坐ろうじゃありませんか」とヘンリ卿が言った。 ...
  • 「いい場所にいるわね」 軽い足音と明るい声がして、片手に盆を持ったミランシャが木陰に入って来た。 ...
  • カンカン照りの砂浜でも、木陰に入るとTシャツ一枚では身震いするときもあるくらいだ。 ...
  • 陽射しを避けるように、門の脇の木陰に入ってハンカチで顔を扇ぎながら噂話に花を咲かせていたらしい。 ...
  • 木陰に入って緑の微風に浸っているときのような、快い怠惰を身体中にひろげているようだった。 ...
  • そろそろ昼食でもと男は、岩場に釣具を置き木陰に入った。 ...
  • 「ひどい風だ」 木陰に入って周吉はホッと息をつく。 ...
  • バスの動揺は相変らずはげしかったが、木陰に入ると、道が湿っているせいかほこりは前ほど上らなかった。 ...
  • それもこの小金井あたりはまだしも、都心の暑さは、木陰に入っても逃げられない。 ...
  • 「お気の毒だけど、魔法省は、あなたたちの命よりわたくしの命のほうにかなり高い価値をつけていますからね」 森の取っつきの木立の、ひんやりした木陰に入ったとき、ハリーはなんとかしてハーマイオニーの目を捕らえようとした。 ...
  • 日が昇ると、強い日射しが頭上から照りつけ、そして木陰に入ると、肌が粟立あわだつように涼しかった。 ...
  • 襟首を掴んで水に浸け、一〇〇メートルもあるヨウカイジュの木陰に入ると、男爵は水を得たスポンジのごとく生気を取り戻した。